So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
セレナ-L ブログトップ
前の10件 | -

エンジン換装後の初飛行 [セレナ-L]

このところ、ず〜っと雨で参ります(^_^;)
水不足でどうなるか、てとこだったのにね
少し晴れ間が見えたので、53-4Cの慣らしに出かけました。
0B7696F4-301C-47FC-B8F9-DCA7EE90700A.jpeg
何?なに?ナニ?
C20B872E-B010-4636-9AD4-251FF3E1EFCF.jpeg
土手から見たら何か石でも置いてあるのかと思いましたが、きのこ
食べらんないよなぁ(^_^;)
482ABF07-7CF5-442B-920E-CC61476402C5.jpeg
V60もまもなく9万キロになりそうです。このシルバー色。おっさん臭いシルバーは好きじゃないんですが、結構面の張りがあってシャープな感じが出ます。例えば下の画像で隣のマークXと比べるとよく分かりますね。
9C9FC6A7-D190-4410-89C0-457608773B71.jpeg

DB193EE7-62D5-4C1D-BCB0-62AF014C6942.jpeg
さてと、お題の53-4Cですが地上で2タンク慎重に回しまして、スローも調整。スローがトコトコ回るようにするとチョイ薄くて、回転の落ちが悪い。少し濃いめのスローですと、今度は吹け上がりが悪い。ま、とにかく無理しないで、甘めで飛ばします。タンクが小さいので燃欠注意!
1回目、吹けなくて離陸せず。チョイと絞ってなんとか離陸。上がってしまえば問題なし。この後、5フライトしてほぼいい感じになりました。もちろんパワーは十分でスポマン余裕です。かなり癖はありますけどね。慣れれば何とか(笑)

nice!(0)  コメント(0) 

早速換装 [セレナ-L]

早速53-4Cに載せ換えました!
エンジンマウントサイズが0.5mm程度しか違わない為、クランクケース幅の分を調整すれば大丈夫でした。ただ、ニードルが反対なのでそっちが面倒でしたね(^_^;)
85C466CA-FF54-4858-8FAA-B3144A224142.jpeg
さア、テスト飛行したいけど、しばらく雨だなぁ[雨]?

nice!(0)  コメント(2) 

ENYA53-4C [セレナ-L]

早くも修理から上がって来ました
木曜の晩に出して今朝到着
早っ!!
91236F55-AF55-4479-B144-80397429DE50.jpeg
623D4C67-61A3-4FA2-A607-880962EA4C00.jpeg
まあ、サビサビでしたので、回るようになったのは大変ありがたいです。そんでセレナ-Lに積もうとしておりますが、微妙にマウント周りがキツくて難儀しております。

nice!(0)  コメント(0) 

考え中 [セレナ-L]

春のエンヤミーティングに参戦するべく、珠玉のENYA35-4Cを生かせる機体ということで、発売間もないセレナLを何年か振りでキットから製作したわけですが、結果、大成功でした。

でした・・・が、一方でアンダーパワーなのは如何ともしがたく、もう少しパワーがあればもっと運用範囲は広がるのになぁ~、と思うこと多々。そこで手持ちのエンジンで何とかならんかいな?と探してみました。少なくとも実用回転数範囲内でENYA35-4Cよりもパワーがありそうで、かつエンヤミーティングにも参戦できる条件(1979年以前製造ならメーカー問わずOK、もちろんENYAなら全部OK)を満たしたエンジンはというと

①OS H40RC
②OS 35S
③OS 40FSR
④OS 25FSR
⑤ENYA 53-4C

個別に検討してみますと

①は手でクランクシャフトを回してみるとカタ、カタ、とガタが感じられます。バックプレートを外して覗いてみると、コンロッドの大端小端共に擦り減って径が大きくなっており、こりゃコンロッド換えないとダメ
②ブレークインしたエンジンで飛行には未使用。もちろんUコン用のためキャブなし。合うものはないかと部品箱を漁ったり手持ちエンジンのを全部測ってみたが合わず。残念
③ベアリングが錆びてシャフト回らず
④全く問題ないが、これでピーッ!!!って飛ばしても楽しくないよなぁ
⑤これまたベアリング錆びてシャフト回らず
ということで、頓挫してしまいました(-_-;)

しかし、よく考えてみると、先日セレナを水上機仕様にしようとフロートセットを購入してまして、てことはカシオペアの水上機大会に持っていくつもりなのですが、そうすると4ストが絶対条件なのですね。そこだけ35-4Cでもいいのですが、大会の度にエンジン載せ替えも面倒ですし、何より燃料タンクが小さいので2ストだと燃欠の可能性が高い。となると、やはりENYA53-4Cが無難ですよね。

では、これから修理に出してみましょう。部品あるかな??ダメなら諦めます。


nice!(0)  コメント(0) 

3枚三枚 [セレナ-L]

断捨離中ですが、ちょっと一休み
(休んでばかりです)
セレナにオーバーホールから戻ってきたENYA35-4Cを載せました。53から召し上げたマフラーはピッタリ。プレッシャーを取りますが配管も楽。
C9F47BD5-C299-4AA5-8936-5CE7DFCA7F45.jpeg
試しに3ブレードのペラをつけてみました。
ファンタも3枚なのでね(笑)
F948FDB6-515F-440C-84DC-152E64F9DB1F.jpeg
あーブレークインしなきゃね〜
飛ばしたいよう(^_^;)

nice!(0)  コメント(0) 

ENYA35-4Cにマフラーを [セレナ-L]

ENYA35-4Cにはマフラーが付いていません

そう、排気は直管です。だからうるさいかというと、まあ、うるさいです(笑)でもマフラーを付けてもさほど変わらないかも?ですが、今の世の中、ノスタルジックスタイルだから音が大きくてもいいってことは無いので何とかせねば

ありがたいことに、ENYA53-4Cのマフラーが合う!!との情報をいただきました。そこで、土日でごそごそと段ボール箱を探したら

ありました、ありました

アーヴィン36が!!

違うか(笑)

B9C53665-B4B3-4BD8-97A3-000DC1653149.jpeg

もう知ってる人は少ないかなぁ?

ヒロボーが販売してました

なんかカッコよくて、パワーありそう!

なんて思ったら

33DA8D2B-8BBB-4D54-8B84-7DD4B771ED6A.jpeg

全然回りませんし、コンロッド曲がりました〜

なんて言ってる場合じゃなくて、そうENYA53-4Cね!
ありました!

3F2C7258-A06E-4081-8981-33F3601610B0.jpeg

これも復活させたいけどな〜

飛ばすところが無いから、ダメですね

なので、マフラーを拝借します

424F35EB-85B2-4119-8679-C141FCC48487.jpeg

お、ぴったし!!

2CCFB0D3-A320-47A5-9B80-34FF97B6A8FB.jpeg

ENYA35-4Cの排気管はねじ込み式じゃなく、単にパイプを挿してあるだけ。だからマフラーの重さを支えられるかが心配ですが、まあ、1回飛べばいいから(^_^;)

nice!(1)  コメント(0) 

オーバーホール [セレナ-L]

ENYA35-4Cを発見したので、回してみたくなって急いで作ったセレナ-L。バッチリ飛んでエンジンも快調だったんですが、やはり四半世紀ほっといたエンジンはベアリングが死んでました。ドライブワッシャから茶色の油が大量に出てきて、機首周りがドロドロ。当然ベアリングの玉が痩せるから隙間ガタガタ。この状態で回すと他にもボロボロになりそうだったので、エンヤさんにオーバーホールに出しました。24日に出して27日朝一でウチに届きました。何と素早い対応でしょうか!!モデラーの気持ちがよく分かってらっしゃる。

6D79A71C-A1F6-4B69-89AB-86AB0F886C24.jpeg

391D3A54-F6CE-4432-89AE-94E7A024ED29.jpeg
さア、このエンジンを回せるのはいつかな〜??
待ち遠しいなぁ
それにしても、同時に送ったモーターユニットの方はどうなってるかな??
こっちの方が急いでるんだけどねー

nice!(0)  コメント(2) 

セレナ-L初飛行 [セレナ-L]

初飛行は尾島スカイポートにて。初飛行はどんな機体でもワクワクしますね。とにかくこの機体はENYA35-4Cのために作ったので、果たして四半世紀振りにエンジンが回ってくれるか?その割に、燃料は3年前の使いかけだし、プラグも付いたまんま。そんなんで回るの?(笑)
22635C76-3530-49EC-823F-0B6265A9D16B.jpeg
燃料タンクは120ccと09クラスの容量ですが、多分これで足りるはず。給油して手回しポンプ18回で満タンになることは、前日自宅で確認済。今日もきっちり18回で満タン。排気口から燃料を注ぎ込んで、クチュクチュしながらしばらく放置して、ピストンスリーブにオイルを行き渡らせてから、余分な燃料は排出します。スムーズに回ることを手で確認してから、ニードルを3回転開けまして、プラグヒート。スターターをあてるとすぐ始動しました(^^♪
ニードルは2回転半でピーク出ますが、最初だから甘目で行きます。スローはちょっと濃いめながら安定しています。スロットルハイではリッチなので回転がばらつきますが、久し振りだからこりゃしょうがない。

画像はポルコさん提供、ありがとうございます
C5F1EFD9-93E1-4EFB-846B-500187CF165B.jpeg
B0CDF2FD-BC97-4F06-92EC-FC654CE8AE87.jpeg
各舵確認してハイ~スローしてからタキシング。ちょっとノーズギアが動き過ぎで操舵が敏感です。後でリンケージ変えなきゃ。でも走り始めれば直進性は良く、すぐ浮いてしまいました。説明書の指示舵角でしたが、ちょっと多かったですかね。エレベータートリムは2コマアップ。エルロントリムはそのままバッチリニュートラルでした ワォ!
燃料が減ってくると頭上げ気味なので、重心位置が前縁から70mmでほぼ全舵ニュートラルでOKのようです。スロットル開度によっての姿勢変化がなく、この辺はオリジナルの翼型が効いてます。
予想通り、スタントするにはアンダーパワーですが、それでもスポーツマンの演技は通しで出来ました。背面でかなりダウンが必要ですが、その具合がわかれば対処も簡単。逆宙も機首が変に捩れることもなく出来ちゃいました。それよりも、この機体。ねじ伏せてスタントをやるよりも、F4Cのような基本パターンをやるほうが向いてます。水平飛行のすわり、ピッチの変化のなさ、等速感、失速特製の良さから、実機の飛びを再現させる飛ばし方をした方がはるかに楽しいですね。風を考えた水平8の字、360度降下、シャンデル、ハンマーヘッド等ほんとに楽しい。原点ですねこれは。スケール機屋さんは作ってばかりいないで、ぜひこの機体で基礎練習して飛行技術の向上に役立てていただきたいものです。失速特性といえば、タンクの位置がキャブに対して低いので、背面ではかなり被ります。お蔭で滑走路の上で背面ローパスをやっていたところ高度2mでエンスト。ちょうど目の前で半ロールしそのまま滑り込み着陸しました。ミュゼットで散々背面からのロール着陸をやっていて、まさかセレナでやることになるとは思っていませんでしたが、失速せず十分な操作性もありましたよ。
着陸も安定がよく、接地前の地面効果もかなり効いていて、メインギヤが設置した後、速度が落ちてくるとノーズギヤが設置するという、実機並みの着陸です。こりゃ気持ちがいい。セレステのように滑空しすぎて、速度がなかなか落ちないことは無く、自然に速度が落ちてきます。実は私の手持ちのタイヤがちょうどよいサイズのが無く、前輪が小さくて結構前下がりの姿勢です。少々の前下がりは風に強くて良いのですが、離陸での引き起こしがスムーズにいきません。またペラと地面の間隔が狭く、ちょっとした段差でベラが擦ってしまいます。尾島はアスファルトなので、11×6のペラが最後は10.5×6位になってしまいました(笑)これも次回要調整です。

ということで満足満足の5フライトを行いましたが、1点不思議なことがあります。それは、水平飛行でロール方向の座りは良いのですがヨーイングが始終出ること。垂直尾翼面積が少ないとは思えないのですが、なぜでしょ??。胴体下のフィンもパーツには入っていたのですが、水上機じゃなければ必要ないかと思って、付けていませんでした。次回はこれをつけてみましょう。機体がオリジナルと違うところといえば機首形状とエルロンのテーパーカットですが、もしやこれが影響しているのかな? でも背面飛行をするとヨーイングが出ません。

ここからはまーさんご提供の画像です。ありがとうございますm(_ _)m
579F4E09-5631-441F-8110-21E4CB7D2763.jpeg
C73EF710-CD54-439F-9332-9A8C8A86AFDF.jpeg
279C895F-60BA-48B1-BE0B-1FB036886958.jpeg
82652C53-FAE8-40E8-A903-58B5633C94F8.jpeg

【まとめ】
基本飛行性能がしっかりした機体です。F3Aパターンは無理ですが(スナップロール不可)スポーツマンクラスは十分できます。飛行機の基本操縦技術の習得には非常に良い機体です。工作から飛行までという模型無線操縦飛行機の醍醐味を味わえる数少ない機体です。カシオペアさんの良心が詰まった渾身の一機と言えそうです。ちなみに、私はカシオペアさんの関係者ではありませんし、何の利害関係もございません。実はそのようなご質問もいただきましたが(笑)単なるユーザーの一人ですので、宜しくお願いします。

【追記】
①エンジン機はやっぱり煩い。飛ばしている自分が嫌になるくらいなのですが、マフラーを考えねば…
②タンクの位置は今更しょうがないけど、スローは結構濃い。吹き上がりも濃いめの症状なので調整要
③驚くほどの振動の少なさ!!もっとあちこちネジが緩んだりするのかと思ったら、拍子抜け

nice!(0)  コメント(3) 

セレナL完成 [セレナ-L]

セレナ-L完成です
本日フィルム剥がれ防止のフィルムウレタン処理してリンケージも終了
エンジン載せて、配管して、ペラ付けて、ふぅ〜
26C90DE7-DD89-4562-91A7-E1D52E54F409.jpeg
マフラープレッシャーが無いので、タンクのエアー抜きは胴体下に出します
96FE248D-8ED3-4CD5-BC47-31D22A90C7B9.jpeg
もう一本はエンジンのブリーザーパイプ
5848178E-0C7F-4837-BEE3-063CEF0D7334.jpeg
スッキリしたエンジン周りです
13CE3A1E-B39B-419D-90CE-7D73331CFE9D.jpeg
丁度いいタイヤが無かったので、前輪が5mm小さい。
横から見ると、ちょっと前下がり気味だけど風に強くて良いかも
09D42C56-BF60-4C65-8789-D95624024362.jpeg
で、この状態で重心位置をみたら、前縁から40mm。指定は70mmだからヒョエ〜!あと30mmも下げなければ。カシオペアの機体はみんな機首が長いよね。分割翼ならずらしてるとこだけど、一枚翼は無理だ。ケツに15g仕込まなきゃ。

で、残るは始動用具。
引越しの時、適当に段ボール箱に放り込んだので、どこにいったか?探した探した。5箱目でようやく発見!!スターターの電源もこの時はニッカド使ってました。当然放電しきってるから回りません。この昔のタミヤのコネクターが見当たらず、またも昔の充電器を探し出して充電してみました。一発目150mAHしか入りません。放電してからまた充電。充電電流をあげて充放電。繰り返しているうちに目が覚めた様です。さすがニッカド。リポならもう全然ダメでしたね。
36552E15-859E-4DE6-8F03-C6AA0E31E12A.jpeg
ブースターケーブルもニコイチで作ってOK!!導通テストもバッチリです。
72CB16FD-3D82-425A-8BE0-0054079AF48A.jpeg
ペラも4種類あるし、さあ!来週末が待ち遠しいぞ!!*\(^o^)/*

nice!(0)  コメント(0) 

セレナL製作7 [セレナ-L]

製作というか、尾翼と動翼を付けました。
例によってカシオペアの機体はノーズが長いです。
エンジンは4ストだし、頭が重いだろうなぁ〜なんて思いながら完成です。
EDDBFE0A-3098-409E-9484-EE6CB158D005.jpeg
さて後はリンケージだけですねー
ECD34C5F-8AF3-43D0-89BC-300F1D74B3CE.jpeg
試しにエンジンを載せてみました
おー!!カッチョいいなぁ(^O^)

が、エンジン載せたとき気が付いた
あれ!!?? ニードルが無い!!(゚д゚)!
エンジン箱探しても無い
どこ?どこ?どこ?
今になって部品が足りなくてエンジン回せないなんてことは・・・
必死で探しました
探しているうちに、記憶の彼方から見た覚えのある所が浮かび
道具箱の奥にあるケースを開けたら

「あったぁ!!」

やれやれ・・・(^^;

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - セレナ-L ブログトップ