So-net無料ブログ作成

Prop後流考 [F3A]

ここ数年、機体の調整や飛ばし方の工夫(練習)をしていく中で、パワ-の掛け(抜き)方次第で挙動が変わっていくことが凄く気になっていました。先輩諸氏からはよくパワー入れて!!抜きすぎないように!!と言われ練習を重ねるうちに、機体が落ち着く様なスロットルワークを心掛けるようになりましたが、そのバランスにだいぶ悩みました。ようやくその境目が理解できて来て、等速感のあるフライトが見えるようになってきました。またFanta70で主尾翼を変えて調整をしていく中で、3ブレードpropにおいてパワーオン/オフでの挙動差が強く出たのも印象的でした。

よく機体の癖について説明するとき、プロペラ後流の影響というのが取り上げられ、胴体の周りに捻じれながら風が流れている図を見ます。これまで私はプロペラ後流は常にこのようになっているものだと思い込んでいましたが、いやそうではないんじゃないか?と今は考えています。

ヒントになったのは、角倉さんのBlog記事にあった「ペラのピッチと回転数を掛けた計算上の速度よりも実際の機速のほうが速い」という内容でした。つまりペラのピッチはネジのように1回転あたりに進む距離を表すものであるが速度とイコールではない。ペラは主翼と同じように揚力を発生し、それが機体の前進力となるのです。

プロペラが起こすのは、常に機速より速い流れ、つまり扇風機の起こしたような素直な風が胴体に沿って流れているのではなく、機速よりも遅い流れ(乱流)も発生しているものと考えます。プロペラ機は、ジェットエンジンのように高速で空気を噴射する反動で進むのではありません。機速とプロペラの回転数つまり推力とのバランス次第で後流(乱流)に強く影響を受けたり、反対に機体自体の空力特性が勝ったりするので、挙動が変わるわけです。

エンジン仕様の練習機を電動仕様にして飛ばしたり、他の同様な機体の飛びを見て感じたのは、電動仕様機の方が明らかに機体が揺れ、落ち着きが無いということです。一般的な仕様の電動機はエンジン機に比べて大径のペラを使っているので、この辺にヒントがありそうです。私の実例をあげると、セレステ(高翼機)を電動仕様にして5セルで12X10のペラを9000RPM程で飛ばしましたが、とにかく宙返りが儘ならない。特にパワーを掛けるほどに思わぬ方向へ機体が行ってしまい、全然円にならないのです。逆にハーフスロットル以下で上昇するぎりぎり位のパワーで宙返りをすると素直に円が描けます。結局この機体は12X6のペラでパワー8掛けになるようにして飛ばすと、実に素直に飛ぶことがわかりました。なんでもパワーで押しちゃえばイイってもんじゃないわけで、元はエンジン機の25~32クラスの設計でペラ径9~10インチを想定していますから、そこに12インチでは機体に対するプロペラ後流の影響が大き過ぎました。2inch(5cm)以上もの違いがありますから、このペラが機体に与える影響の範囲は相当に大きなものになります。機体自体の性能をスポイルする範囲が大幅に増えるので、機体の自律安定が低下したように感じるのでしょう。

さて、プロペラ後流(乱流)が機体の安定に大きく関わっていることは、体験上分かりました。ならば機体を安定させるにはどうすれば良いのでしょうか?
①ペラを小さくする
②尾翼を大きくする
③胴体を大きくする
④胴体からプロペラを無くす
①は必然的に推力低下を回転数またはブレードの枚数増で稼ぐことになるため、騒音の問題が出ます。実機では騒音対策をした多ブレード機がありますので、これも研究対象ですね
②と③は風見との兼ね合いが生じますが、無難といえば無難な方法です
④は①と絡めて多発化が考えられますね
あちら立てれば、こちら立たず。
バランスが難しい問題です。

nice!(1)  コメント(0) 

ちょっとだけ [F3A]

いずれ日本選手権大会のレポートがネットでも色々出てくると思いますが、一言

いつもの事ではありますが、ネット上での意見を読んで、さも自分が当事者の如く振舞う方が出てきますが、それは笑って流してやってください。そしてそれを聞いた貴方は同様の拡散をしないでくださいね。お願いしますm(__)m

状況は現地に居た方しかわかりませんし、また個人個人で捉え方、考え方も違いますので、ネット情報はあくまでも個人の感想だということはご理解ください。JMAF発表以外は全て個人意見です

ここで私の意見を言うつもりはさらさらありませんが、演技を構成する一部分だけ、例えばスナップロールだけを取り上げて全体のジャッジングについてどーだこーだ言うのには違和感があります。それ以前に、演技の正確性がどうだったのか?
色々勉強になりますねぇ(^_^)v

nice!(0)  コメント(0) 

F3A日本選手権大会見学 [F3A]

今年のF3A日本選手権会場は須賀川ということで、家から近いから簡単に行けるぞと思っていたんですが、この夏休みはずっと松戸の長女んところにいることになって、松戸からだと空いてても2時間半かかります。ありゃ〜。ま、仕方ない
松戸は西側に江戸川があるため、江戸方面に出ようとすると、数少ない橋を渡ることになります。当然ながらメチャ混みます。それを見越して早めに出たんですがやっぱり橋は混んでた(泣)それでも高速に乗ってしまえばあとは楽、と思ったら・・・なんで3車線もあるのに追越し車線をのっそり走るんだろうか?後ろから車が迫ってきても、走行車線に戻る気が全く無い。当然どけて欲しいから合図するけど移動する気配もない。ホントにアホとしか言いようなし!!どうやったらこういうアホを無くせるんだろ?そんなこんなで3時間かけて現地到着です
F60CE47B-F2DA-448C-B834-A5685DA3E4D1.jpeg
昨日、一昨日と天気が悪く予選ラウンドの進行がだいぶ遅れてます。今日は3日目ですがまだ2ラウンド終わってません
9A99AC85-F23C-49B4-B63A-A53BB180C2E8.jpeg
久しぶりにトップフライヤーの演技を見させていただきました。今日は風は弱いものの高度によって風向き強さが違い、またクルクル回ります。こういうのは特に飛ばし難いんですよねー。日本選手権に出てるフライヤーと言えども、ストールターンとスピンの失敗も多く見られました。同じ演技P-19でもフライヤーによって特徴があり面白いですね。また機材も複葉にコントラが一般化しましたが、その特徴を生かして飛ばそうという方もいれば、今まで通りの飛ばし方でやってる方もいます。どちらが良いとか悪いとかじゃなく、それも個性ですね。その中でもひときわ近く遅く飛ばすスタイルで全員の目を引いていたのが九州の松岡選手。やってくれます。こうでなくっちゃ!!今大会も若手の台頭に期待が持てます。中部の浅沼選手。慣れない機体で、調整もまだ十分じゃなかったかな?苦労が偲ばれますが、それでもしっかりコントロールして正確に図形を描こうとしてて見事でした。ループからの直線、ロール、直線のそれぞれの長さのバラツキがあって勿体ない感がありましたが、その辺やスロットルコントロールの仕方を含めて、キッチリ修正すればベスト3の点が出てると思います。3ラウンド頑張ってねー!
各地区の皆さんのところにお邪魔して、ご挨拶させていただきありがとうございました。色々お話し聞けて嬉しかったです。また飛行機飛ばしたくなってきましたよ。F3Aは楽しいです、サイコーです!!

【追記1】
86595A15-E2BE-48A9-9D0C-4E1429E8AE55.jpegC8047F2D-CB66-4FD7-9A39-DB7AB8A94D72.jpeg
【追記2】決勝戦は予選上位8名でFパターン2Rで行われたようです。結果は以下のとおり。
浅沼選手おめでとう!!シード入りで、来年はしっかり準備してベスト3に入ってね〜(^_^)v
8BCDB41C-13AE-432F-850B-3068AA3FC8CB.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

やっぱり違う [F3A]

F3A専用機は滑走路が雪に覆われて使えないため、ミュゼットスキー仕様と、シーラインで基本練習をしています。スポーツマンの演技なら、機体の違いは調整である程度同じような特性に出来ますが、改めてダイレクト駆動パワーユニットの難しさを味わっております。

シーラインはOSの490KVモーターなのでKV値が低く、5セルでは17x10以上のペラでないと能力が発揮できません。しかし水上機ですから16インチ以上のペラは使えませんので、止む無くAPC16x12を15x12にダイヤを詰めて使っているものの、推力はイマイチ。しかも下りが早く、スロットルコントロールとのリニアリティに欠けてて、至極難しいのです。機体の調整は出来ましたので、ここは何とかしたいですね。「あの手」と「この手」と「その手」を試すつもりです(笑)

機体の調整は出来たというものの、この機体、設計について疑問点が1つありまして、それは何かといいますと「ラダー」面積です。なんか妙に幅広なのですが、実際に飛ばしてみると効きが悪い。正確にいうと小舵はピクピク入るくせに、舵角を増やしていってもリニアに効かず、抵抗ばっかり増えてる感じなのです。確かに今時のF3A機と違って胴体側面積は大きくはありませんからナイフエッジループするほどの浮力はありませんし、横ものやるには必要にして十分といういうところですが、ならば、ここまでの舵面が本当に必要なの?という疑問が湧くのです。水上機で最新のF3Aを飛ばして競技やるわけではなく、基本、横ものの軸の通りが良ければいいので、こんな不思議なラダーは見直して欲しいですね。ラダーがデカければ横ものが浮くわけじゃないのに、結構こういった勘違い設計の飛行機って多いんですよ~。シーハンター位のラダーでいいのになあ。ということで、降下からの引き起こしで、抜けの方向にかなり気を使う必要のある機体なんです。もしや、ペラを変えたらこの辺も少し緩和される可能性もありますけどね。

あの手この手その手のペラと、使えるものを探すのに散財しそうな気配です。やだなぁ~、でもそれ以上にスロットルコントロールが気持ち悪いので、解決せねば。

今、モーターはダイレクト駆動で全く問題なく飛ぶよ、という方に問いたい。
ほんとに問題ない?

ぼーっと生きてんじゃねえよ!!


nice!(0)  コメント(0) 

どうしたもんか [F3A]

競技を目指さないで、パターンフライトを楽しんでる方も多いと思います。私もそうなので、自分が気持ちよく飛ばせれば十分満足してました。が、あれこれ長くやってきてるし、いろんな経験してくると、気になることが色々見えてくるんですよねー。

まず一番気になるのがプロポの持ち方。どう考えても操作し難いだろうし、各スイッチに届かない所を持ってる。入門した時の指導者が残念だったんだと思います。同じくらい気になるのがトリムが取れてない。機体の調整が取れてない。真っ直ぐ飛んでいないのに気にする様子がないんです。
うーん、どこまで言っていいもんだろうか?趣味の世界だから、余計な口出し無用な気はするけど。でも、ちょっと変えれば気持ちよく飛ぶだろうに。

んんんー

聞かれたら答えるスタンスでいいもんだろうか。でも、知ってれば役立つ事は多いから、言った方が良いのかな。悩んでおります(^_^;)

nice!(0)  コメント(4) 

続、円 [F3A]

1/4ループの何が難しいかと言うと
D2F0C016-031A-439D-A965-888494D6CBB7.jpeg
例えば4角宙の最初の1/4ループの描き方ですが
上の図が正しい図形

私がやると、どうしても赤線の様になっちゃう
D49451D1-4A71-4AD4-9624-79785F02A350.jpeg
フリーハンドで描いたので解りにくいですが、
要はスタート時点では円弧が大きく、次第に小さい円弧になり、後半また円弧が大きくなる。又は中盤以降は小さい円弧のまま直線に繋がる。
これではルールとは異なりますので、減点されて当たり前。こんな1/4ループが4個もあって、しかも全部同じ大きさでないといけない。なんて…

面白すぎる(笑)

さて、どうやって攻略しようか?

nice!(0)  コメント(0) 

 [F3A]

AKB杯を見ていて凄く気になったのは、いや選手権でも全く同じなんですけど「円が丸でない」

自分でやってても、特に難しいと思うのは1/4ループ
どうやったって、1/4円弧じゃないですね
悩んでます
どういう風にしたら1/4ループに見えるんだろう
半径を大きく描いてみようか
反対にUコンみたいにカクってやったらいいのか
でも優美さで点が出ないか
イヤイヤ…(-_-;)
参ったな


nice!(0)  コメント(0) 

AKB杯 [F3A]

須賀川に見学!!に行って来ました(^○^)
車で家から小一時間ほどです

凄いテントの並びです
何のイベントがあるんだろ?みたいな(笑)
BDE6CACB-2D62-449A-9049-6299E27D1CF5.jpeg
44C0AE7A-8E81-4702-A1A8-33F41D16EDBD.jpeg
上空は結構風があり、しかも強弱波があるので、皆さん苦労されてましたねー
4671A4E6-D779-46BF-984D-CD882100C0BD.jpeg
それにしてもAKB杯と言うだけあって、凄い数のファンタ。壮観でした!!


nice!(1)  コメント(0) 

F3A日本選手権で感じたこと [F3A]

日本選手権を見るのは、2013年の秋田大会初参加、一昨年の富山大会、そして今回の宇都宮大会で3度目です。そんだけしか見てないのね。そりゃあかんわー(^_^;)

そうは言っても、トップフライヤーの飛びはよく見てるので、改めてどうこうってことは無いのです。無いのですが、私も少しは進歩してますので、5年前とは見方が変わってます。というか目が覚めた?(笑)やはり日本選手権という場でのトップフライヤーの本気の飛び、気迫は凄いですね。細かいところまで気を使った技術は素晴らしいです。参考になるところ多々。

一方でえっ?というのもあり、これまた自分の参考にしたいと思いました。えっ?というのは勿論図形の狂いです。私が見た3日目は一時的に風が吹いた時はありましたが、そこを除いては前風弱く、空気も重く、条件としては悪くなかったと思います。が、その中でも45度ラインの立っている選手が大変多かったのは意外です。このレベルの選手でコレはどういうことなんでしょ?敢えてセンターを重視した結果?フレームを意識した?円も全然丸く無いです。潰れた円、頂点の高度が違う等、仲間内で後ろで見ててアドバイスしないのかな?それとも言い難いから言わない?スピンの入りも?なのがありましたし、ストールターンの止まりとか。今回、全員のを見ていた訳じゃなく、チャンプの飛びを見られなかったのは残念。点差から他の方との差は大きく抜け出ていますね。もっとチャンプを脅かす人が出てきてほしいものです。

機材の方は、複葉+コントラの組み合わせが多くみられまして、飛びも好印象でした。175mまでの位置で演技を行うには、現在最良の組み合わせであることを確信しました。もちろん技量あってのことですから、誰がやっても、この組み合わせで点数が上がるわけではありませんね。複葉機でもそれぞれ飛んだ感じは違うのが面白いです。新作が3種類出ていましたが、一大勢力となったフタバのリーダーは、飛んでいるときの格好は独特のものがあります。どちらかというと尻下がりに見えるのと、翼が細いので、姿勢の捉え方に慣れるまで時間がかかりそうです。ワンオフ新作のAKBアクセルは、かなり抵抗を引き摺った感のあるどっしりした飛びですが、調整はまだまだ必要なのではと感じました。FHのNEO/BIPは飛んでいる姿勢、航跡を見ても、これまでのステージシリーズ同様、非常に素直な感じで好印象です。

見易い位置での演技が点数を取るためには必要ですが、その近めを勘違いしてるのではという飛びも見られ、今後の参考にしたいと思いました。要は近ければ良いというものではなく、近ければ演技はよりコンパクトにしなければ意味がありません。近いんだけど、今まで通りの演技をやるためにかなり高度があがってしまい、逆に見辛くなってしまう演技がみられました。近くないと点数が出ないという噂?を真に受けて、何が何でも近くした結果でしょうが、機体本来の性能と、演技位置が釣り合っているでしょうか。その点、コントラ複葉は近めでもコンパクトに纏めることができるので有利でした。

543F3EE6-2D30-4052-B14D-B48384177F0B.jpeg5387B618-3FE3-4442-A7BC-8C4EECEF689A.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

F3A日本選手権大会 [F3A]

を、会場の宇都宮RC羽黒飛行場まで見に行きました
今日が第3日目となりますが、前日2ラウンドの途中で雷雨のため、今日へ持ち越しとなったのでした。2ラウンドの残りと3ラウンドが行われます
が、朝から雨模様。雲も低く垂れ込め機体が見えなくなり、再三中断を挟みながらの進行となってしまいました。しかし風は弱く、空気が重いので条件としては悪くありません
ズラーッとテントが並びます
EA95DA5C-C9D9-4EAE-AE98-A26455DEB869.jpeg
私がお世話になった各地区の方々に、ご挨拶出来て良かったです。今日の目的はそれでしたので。
ちなみに中四国地区の方々
AF35505F-9551-48BC-A1F6-54DB13A5E69D.jpeg
今大会はコントラと複葉機が大変多くなっています。コントラ機の機速コントロール性には魅力がありますね。私がああいう感じにしたいと思っているまんまです
しかしまあ、久しぶりにトップフライヤーの飛びを見て、細かいところの気の使いよう、ホントに勉強になります。細かいところを一つ一つ逃さず潰して行って正確な演技が出来上がるという過程が見えます
やっぱF3Aはいいわぁ!!思わずまたやりたくなってしまった。ヤバいヤバい。お持ち帰りするとこだった(笑)
400B19CE-25C6-4A36-9E07-FA0ABBBCD765.jpeg
明日は今日出来なかった3ラウンドの残りと、上位8名による決勝の予定です。天気がどうかなぁ〜
今日までの成績は
5DB428D9-898D-4869-9B74-DE8B96D849CE.jpeg
ちょっと停滞気味だった飛行機ですが、明日から練習再開だね*\(^o^)/*

nice!(0)  コメント(0)