So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ラジコン ブログトップ
前の10件 | -

真似る [ラジコン]

習い事は、なんでもお師匠さんの言うことを素直に聞いて、真似ることが上達の早道。お師匠さんがしょうもなかったら真似ても無駄ですが、そうならないために何とか流とか、お家があって、お免状があるんでしょうね。
ラジコンも始めっから一人でやったってどうにかなるもんではないし、第一危険です。なので模型屋さんとかクラブに行って、諸先輩に手とり足とり(は無いな)教えてもらって覚えるのが常道です。が、この世界ってお免状があるからエキスパートかというとそういうわけでもないし、どこのクラブにも居るというわけでもないし、モヤモヤっとした世界です。クラブには大概この道何十年ていう教えるの大好きな先輩が居まして、親切に教えてくれますが、これまた大先輩だからエキスパートかというと、そうとも限らず、難しいですね。

私がこれまでいろんなところで関わってきた方々との体験をひっくるめて言いますと
「誰の言うことを信じるべきか」をいち早く察知することが上達の早道だと思います

大変ありがたいことに、私の場合は本当に人に恵まれておりまして、共通して言えるのは
①社会的に見ても人格者
②論理的に話ができる
③人の意見にも耳を傾ける
④機体はいつも整備され、取扱いも丁寧。リンケージ・配線等の取回しに無駄がない
⑤どんな時でも安全マージンを取り、その範囲で楽しむ
⑥常に最新情報と触れ、取り入れることに積極的
⑦公私ともにチャレンジャー
って私が書いただけで、あ、あの人と、あの人と、あの人と、あの人と・・・って
多分そう思った方もいると思いますが、はい、その通りです(笑)
もしクラブにこういう人がいたら、積極的に仲良くなりましょう!!
真似しましょう
そして素直に言うことを聞きましょう

私が「ラジコン始めたいですけど教えて」って言われたら、先ずはプロポの持ち方を言いますね。とにかく大ベテランの方でも、これでどうやってスナップの舵を入れられるの?って持ち方をしている方がイッパイいますもん。当然スナップなんて飛ばし方はしないのでしょうが、それを入門する方が見て真似たらかわいそうです。モード1だろうが、2だろうが、親指だろうが、摘まもうが、遣り方は好きなようにすればいいのですが、全てのスイッチにスティックを操作しながらも届く必要があります。それが必要最低限のお約束。

nice!(0)  コメント(4) 

連休だけどおウチで [ラジコン]

ゴニョゴニョしてます

先ずは、冬場に向けての準備。家の周りは、井戸水を汲み上げて消雪しているのですが、そのパイプが使用しない夏の間に穴が詰まってしまうので、掃除します。初めは真っ赤な水も暫く出すとこの通り
E8C89A43-9B4F-4BC4-86A9-BEA9D14B13BF.jpeg
ついでにクルマも洗車しちった

準備といえば、今度は来春に向けてセレナLを水上機仕様にすべく、アライメントを調整
63D276B1-48F2-42DA-8510-D862C2F6C0D1.jpeg
説明書では、重心位置とステップを合わせるとのことですが、私はフロート後端がテーブルに着いた状態で、ステップから垂直に立ち上げたところが重心位置となるようにしました。因みにカシオペアのフロートはフロート上面を基準としてステップ前後の角度は共に5度でしたので、私は水平尾翼の取付角に対し2度下向きに付けてます。こうすると胴体基準線に対しステップ前が3度、ステップ後ろが7度となります
7C7A1E12-C40B-4419-8435-356C1B5EDAD8.jpeg
でけた〜!!(^○^)
29F0A6AD-13B8-4CF9-AF23-13FC2041F66E.jpeg
続いて、冬場の室内レース用TINY6を2階から飛ばしました。が、電波ロストして真っ逆さま↓
フレーム折れちゃった(泣)
5F78588D-14F1-46FA-82B8-CC3B5AED99B9.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

神経細胞 [ラジコン]

運動って、初めは出来ない動きでも繰り返しやっているうちに、いつの間にか出来るようになるもんですね。自転車とか、スケートとか。でも相応の時間かかります。が、ある日突然できるんですよね~。やってて出来るというよりは、寝て起きてやってみたら出来た。みたいな。なんでかなーと思ってたんですが、私はン十年前ある時突然に顔面神経麻痺になりまして、麻痺って、要は神経回路が切れちゃったんで、例えばモーターの電線が切れた状態。電線を繋ぎ直さないと復旧しないわけです。動くべきところが動かないというのは辛い。相当日数はかかりましたが、それでもある日、動くようになりました。神経が繋がった-と実感した瞬間です。
運動をするということは、その為の回路が必要なんです。神経麻痺のように元の回路が切れちゃったら、いくら動かそうとしても動きませんが、回路自体が機能しているなら、すでにある回路を組合わせて新たな動きをすることは可能です(新たな動き=自転車に乗るとかいうようなこと)。そのような動きは、考えながら動かすことは可能ですが、遅い。また失敗も多いんですが、でも繰り返し同じ動きをしていると、その為に最適な神経細胞が生まれて最短の回路が新たに作られ、スピードアップが図られます。そうなったらしめたもの。今までは考えながら動かしていた筋肉が、考えなくても自動的に瞬時に反応するから、どんどん機能するようになります。

出来ない、うまくいかない、というのは、この最短の回路ができていないから。できるまで根気強く、同じ動作をすれば回路が繋がりできるようになります。出来ないのはそこまでの鍛錬が足りないから。回路が繋がるまで至らないうちに諦めてしまうので、出来ないんです。
ラジコンも同じですね。練習頑張ろう!!

nice!(0)  コメント(2) 

3D指練 [ラジコン]

AKB杯見学から帰ってきて、偶には3Dやって指練せねば
と、そのまま飛行場へ

実は前日芋煮会の時、ラダ-サーボが動かなかったので
飛ばせなくてのリベンジです
サーボが動かなかった理由は…
はい、コネクター逆に差してました(笑)
情けないなー、もう!!

て事で、爆風でしたが電池5本消化して満足でした
逆打ち多数でしたが、飛ばしているうち何とかなるもんですね
何事も練習~練習!!

nice!(0)  コメント(0) 

ネメシスの秘密 [ラジコン]

あー、どうしようっかな〜?
書いちゃおうっかな〜
なんて(笑)



ネメシスの整備をしていたら、大変なことに気づいてしまいました!


なんと!


なんと!!


なんと!!!




純正仕様
46F97809-EB0A-49E4-9210-B9E838CAA8A6.jpeg

改造後
4B82BF08-C610-4175-ABC7-3467F1A7065B.jpeg
分かります??
ネメシスオーナーさんなら分かるはず(笑)

もうねえ、絶対こうあるべき!
なんかおかしいなぁ?って思ってたのよね
あースッキリしたぁ!!(^○^)

nice!(1)  コメント(0) 

調整 [ラジコン]

ふと思いついて(いや、暇だったので気分転換)ネメシスを弄ったので、ついテスト飛行をしたくなりまして、3時から飛行場へ行きました(笑)
6CB3AAB9-705A-4CC5-9A59-07F9A7020EAA.jpeg
こうやってみれば、全く同じ
が、裏返せば
CE8242DA-C401-4973-9737-45A0F18A7ACE.jpeg

そう、チェッカーが増えました(爆)


イヤイヤ、よーく見れば
違いが・・・



①フラップサーボ取っちゃった(^_^;)
WDさんも取ってるっていうし、ハッキリ言ってフラップなんかあったって役に立ってないし、イラン!!
でもこのサーボ、フラップ専用って事で超動きが遅いから使い回しができないのね。あー無駄ぢゃ

②サーボの分岐コネクターが標準で付いてるんだけど外して、2エルロン仕様にして、ギヤもそれぞれ受信機に刺して、ファンクション設定で同時に動くようにしました。簡単簡単^_^
そう、2エルロンにして旋回時の癖取りとエアブレーキに使いますよ。

D402CF36-546D-4A34-B67E-BEFE6FB8D534.jpeg
結果は

当たり前ですが、速さに変わりはありません(^_^;)
ただ、思惑どおり旋回は塩梅イイです。バカチョンです。これでパイロンカットは無いな!!

いや、無いと思う(笑)

うーん、無いといいな(爆)

ここにセッティングを書いちゃうと、次戦ヤバいので書きませんが(セコイ)、舵はオンオフ余計な事はしない(大汗)のがコツ。皆さま舵角多過ぎませんか?(あ、言っちゃった)
今日は左回りの設定しかしていないので、右回りだとドタバタだよねー。今度の休みには右回り用を設定せねば。こんなのも楽しい(^○^)

nice!(0)  コメント(0) 

エンジン機を飛ばしてみて [ラジコン]

今年は飛行環境が変わった事もあり、久し振りにエンジン機を飛ばしました。パターンが出来るようなエンジン機も久し振りだったので、スポーツマン級をやってみましたが、やはりスロットルワークが電動とは大きく違ってきますね。コレが2ストだともっと顕著かもしれません。

エンジン機は、常にパワーバンドに乗せて置くようなスロットルワークになる、という事。そうすると、ある程度のロードをエンジン自体が吸収して一定の速度、舵の効きを維持してくれると感じます。宙返りをやると良くわかりますが、エンジン機の方が円弧を描くのが容易です。電動機の様なスロットルワークではリニアに反応しないので、かえって上手くいきません。スロットルを動かす範囲が狭くなります。そのためにエレベーターの効きが一定で円弧を整えるのが楽です。電動ではロードが増えると回転数が落ち、それが即、速度の低下になります。それをカバーするスロットル操作が必要になります。そうするとエレベーターの効きが変わります。下りでは速度が増しますので、コレまた反対のスロットル操作が必要で、エレベーターの反応も変わります。よって、円弧を描くのに、スロットルとエレベーターを常に操作して飛行航跡を作っていかなくてはなりません。コレが電動機の難しいところです。

あんまりエンジン機だけ飛ばすと、なんか手数が減って下手になりそうですね。それだけ楽です。でも、エンジンはうるさい!!気が引けます。あと、油ギトギトには参りますね。

nice!(0)  コメント(0) 

タープ変更 [ラジコン]

先日、6年余り使っていたタープが風で吹っ飛び、フレームが折れたので修理しました。そのまま使ってもよかったのですが、生地もだいぶ傷んできたので、思い切って買い換えました。で、古いのはクラブに寄贈。先日、たまたま新旧張ってみましたので、使い心地を比較
8247FA3C-23D5-47C5-9F62-9C3AE2EFF58D.jpeg
新たに買ったのはコールマンで、張る手間は同じですが、力が要らずこれは楽チン!!
問題の居住性ですが、コリャ完全に古いのの勝ち!!
どちらもUVカットなのですが、コールマンのは熱線がモロに入ってくる感じで暑いのなんの。一方、古いのはまるで木陰に居るようで、涼しい!
いや全然違いますね
今度、赤外線除けのアミアミを付けてみようっと
やはり、値段相応ってことなのかな?

nice!(0)  コメント(0) 

温故知新 3 [ラジコン]

さて、典型的サンデーフライヤーが九州でF3Aに目覚め、オールジャパン大会やクラブ対抗大会へ出るまでにドップリのめりこんだものの、また転勤で関東へ戻ったら元のサンデーフライヤー生活になってしまいました(^^ゞ 環境に左右されやすい性格なんです(笑) さらに徳島転勤でF3Aオンリーとなり日本選手権にも出、その後、大阪で鍛えられたのも束の間、またまた関東へ異動し、今年4月より山形県の米沢市に腰を下ろしております。

なんか私の履歴書みたくなってしまいましたが、お題に戻りまして、改めて空飛ぶものは空気次第。目では見えない空気を相手の七転八倒なんだなと、思うのであります。
サンデーフライヤーでとにかく飛べば楽しかった時代から、F3Aをやるようになって、空気の状態、空間認識がどれだけ重要かということが分かりました。飛行機が飛べば楽しかった時分は、飛行機だけを見ていればそれで十分だった、いや、それしか見られなかったのが正直な話なのですが、今は飛行機はボヤーっとしか見ていないです。視力が落ちたせいもありますが、飛行機を飛ばす空間全体を意識しながら飛ばしています。ちょっと行き過ぎた表現かもしれませんが、空間認識50%、飛行機50%な感じですかね。自分がパイロットというよりも第三者的視点で見ている感じかな?パイロットではあるんですけど同時に観覧者でもある、みたいな。

ラダーオンリー機で上昇下降はスロットルコントロールだけが頼りで、それで自由に(自分が思ったように)飛ばせるのか?と思われるかもしれませんが、先に言いました空気の状態と空間認識が役立ちます。空気の状態とは気温と湿度、それに最も影響をうける風。空間認識とは機体の居場所とベクトルの把握。これらを総合的に判断して機体を自分が置きたい方向へ向けてやります。舵が一つしかないゆえにこれら状況の判断と操作を常に頭の中で計算し続けます。舵が一つしかないと書きました。確かに動く舵はラダーだけですが、スロットルと合わせると実にさまざまなファクターとなり、機体をあらゆる方向にコントロールすることができます。不自由さは頭を使えば何とかなる。この空間認識の鍛錬にはF3Aの経験がストレートに生かせますし、また、ラダーオンリー機の経験もF3Aにフィードバックできます。全く違う正反対のような機体ですが、繋がるところがあって、というか、力学は同じで、まったくもって面白いです。

ラダーオンリー機の普及をしていきたいですね。


nice!(0)  コメント(0) 

温故知新 2 [ラジコン]

私の知識のベースは中~高校時代の雑誌であること、それとここ数年来のF3A環境が大きいことを書きました。それに加えてnet環境との関わりが大きな影響を及ぼしています。

ラジコンを始めた30年前は、勿論インターネットなんぞは存在しておらず、雑誌とクラブ内での情報が全てでした。ごく狭い範囲内での情報と自分の体験で楽しんでおりましたので、同じ機体を長く飛ばすなんてことは無く、すぐに飽きてしまいます。そもそも気が短くコツコツやるタイプではないし、また仕事も忙しく工作にかける時間もないので、ほぼEZの機体ばかりを飛ばしてました。その後はヘリありグライダーあり、飛ぶものなんでも片っ端から手を付けていました。でも上手くはなりませんでした。何でも飛ばしますが、そこまでなんですよね。多くのフライヤーはそんなタイプの方ではないかと思います。日本の平均的フライヤー像みたいなのが私でしたね。
それが転勤をきっかけに大きく変わっていきます。杉並に住んでいた時にラジコンを始めて、それから数年後に初めての管理職となって鹿児島に赴任することになりました。全く土地勘のないところで、当然知人も一人も居ないところで、どうやってラジコンを続けていこうかと考えたとき、当時急速に拡大していったnet環境を使おうと思ったわけです。netと言っても今のように回線速度が速くないため、画像を送るだけでも大変な時間がかかりましたので、よく利用したのはニフティの掲示板と、北九州のH生さんが主宰していたRAMLでした。特にRAMLはF3Aを中心に活動していたトップフライヤーの方々も入会しており意見交換が行われていたし、当然九州の話題も濃かったため、大変有難い情報源として活用させていただきました。RAMLがきっかけで私はF3Aの道へ入っていったので、今思えば、この転勤が無かったならば、こんな楽しい趣味の世界は味わえなかったな~と感慨深いものがあります。

<続く>

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ラジコン ブログトップ