So-net無料ブログ作成

大会後記その1 [大会]

毎度、大会の後はそのネタで暫く食い繋げます(笑)
1970年代初頭のスタント飛行について、私は大きな間違いをしていたことに、今大会に出て初めて気が付きました

私は当時のスタント大会の飛行を実際に見たことがありません。スタント飛行は見たことはありますが、ただ飛んでるだけなので、それが競技としてイケてるのかどうなのか?判断する術もありませんでした。私がラジコンを始めたのは1990年頃なのです

いろんな方から当時の飛行はこうだ、ああだ、とお聞きして、更に動画で当時の世界選手権の飛行を見たりしまして、私自身の中で勝手にフライトイメージを作っていました。そして機体が出来上がって飛ばしてみると、ん??こりゃ大変ダァ。真っ直ぐ飛ばないし修正も効かないし、その割に小舵ヒクヒクするし、まあ飛ばし難いこと。とにかく真っ直ぐ飛ばすには速度を上げて突っ走るしか無いと思いました。で、ダイナミックな演技をしようとしましたが、一方で上昇時にはガクッと速度が落ちて、なーんか見栄えが悪い。そのギャップに悩みました。速度を上げるためにエンジンの回転も上げますので、音もうるさい!なんだかなぁと思いつつ慣れれば何とかなるかな?と思い、でもやっぱり慣れず、上手くいかないまま大会を迎えました

大会初日は練習日でもありますので、皆さんの飛ばし方を見させていただきましたが、やはり、私と同じ様な飛ばし方で、同じ様に苦労されている様子が伺えました。ただ一部の方は大きめのエンジンに排気効率の良いマフラー、ハイニトロ燃料で上昇時にも引く、ダイナミックな演技をされていました

当日、大変嬉しいことに、レジェンド奥村さんが世界選手権に持って行った富士でデモ飛行をされました
2450512F-3E2F-4829-B61D-30E3D9E02812.jpeg3344379B-328C-44CF-A292-4D1D7B89CDCA.jpeg
それを見たら、正に目からエロこ、じゃない、眼から鱗で、そうかこうやって当時は飛ばしたんだ!!
私は完全に間違ってました。いや本当にこのフライトを見られて良かった!!

フライトを見たからと言って、すぐ治せる様な器用さは持ち合わせていないので、大会ではこれまで通り飛ばしましたが、幸いにもハンデが効いて(ハンデをハンデらしく活用できたのは今回が初めて)、優勝できました。でもね、自分の中では新たなチャレンジがここからスタートしたのですよo(^_-)O

当時の飛ばし方を再現して、バッチリ飛ばしたい!!
やってやるで〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

やっちんこ

激しく同意です!!

加えて、1960年代から、1970年代で飛行機の設計も大きく進化したことを痛感しましたね
by やっちんこ (2019-07-24 19:20) 

mamu

八ちゃん、お疲れ様でした(^_^)v

そうですね、今度は70年代でイキましょう!!

by mamu (2019-07-25 07:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。