So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

続 NEO70データ [NEO STAGE 70]

昨日添付忘れのスピンの舵角です
タービュラーテープを貼った後の数値なので、テープの有る無し、テープの場所、長さで変わります

<エルロン>
2FB2FD53-F18C-43F1-ABB8-34E1175E3D7E.jpeg
<エレベーター>
B966E449-25E8-4895-8624-C18D2CA7F456.jpeg
<ラダー>
C4813ADD-DEAB-4672-A223-5BEF6CD74E64.jpeg
実はまだアドバンスB用にアップ側の設定しかしていないので、ダウン側の設定は暫定です。スピンモードを2つ設定して、スピンスイッチとロジックモードで切り替えて使います

nice!(1)  コメント(0) 

NEO70データ [NEO STAGE 70]

ご参考までに、図面指定のリンケージパーツと173SVサーボ使用です。当然パーツとサーボが変われば全然違うデータになります。またパワーユニットが50ベルトリダクション、ペラがカシオペア17x9-3Bですので、スロットルカーブもコレに合わせてあります。細かいデータは飛ばして調整しないと意味ないので省きます

<エルロンのデュアルレートとエキスポ>
この舵角だと足りないと感じる人も多いかもしれませんが、必要のない舵角を増やしても無駄。これで十分です。ジャイロ(AVCS)を付ける場合は1割程舵角をアップしてエキスポ0で丁度いいです。
0ECE1DFF-395E-4570-866D-F47ADD2D25B4.jpeg
<エレベーター>
エキスポは飛ばしこんで機体に慣れたら、もっと減ります。が、今は体調に合わせて1%前後出し入れしています(^^ゞ
A31A81E9-76BD-4A86-9DC7-7E22A13F783A.jpeg
<ラダー>
もう少しエキスポを減らしたい気もしていますF5ADB415-D3B0-4AE7-990E-B9C95914A01E.jpeg
<スナップ時のエルロン>
1CA60A91-13FD-4896-B652-81D8C4377585.jpeg
<スナップ時のエレベーター>
2464B953-E1EC-434B-81B8-62217CAF7D8F.jpeg
<スナップ時のラダー>
76A165DB-C8E3-4BF4-9BA1-580448E5BEEF.jpeg
<ランディングモ-ド>
私は通常着陸用と強風時用の2つモードを作っています。基本的にランディング時は通常飛行時よりエレベーターを増やします。強風時用は更にエルロンを増やします
7490350B-1F4F-43EE-8B82-446AA4456F39.jpeg
<スロットルからエレベーターへのミキシング>
垂直降下時のアップ癖を抑えます。最スローから1クリックにかけて3~4%程度で飛ばしながら好みを探ります
6842D360-DB43-4F28-9E05-9D2A11C2CC10.jpeg
<ブレーキ>
エレベーターはミキシングなしでも構いませんAD57ED2F-2290-4147-92ED-EABA01FF88D4.jpeg
<モーターのディレイ>
1580B0EC-23CF-4CBC-A3C8-8354B21B2436.jpeg
<スロットルカーブ>
EBBDD23E-2420-4A5D-8557-2621CF314992.jpeg
<スロットルカーブ/スピン用>
703E4E2F-7A72-45E2-BA01-D7E25FD3261F.jpeg
<フライトコンディションはこんな感じで作っています>
B40E5660-4037-4C65-90E3-8BFB83DCAA19.jpeg

<追記>スピン時のデータを添付し忘れましたので、また明日(^^;)

nice!(0)  コメント(0) 

8/19の飛行場 [今日の飛行場]

今朝は、先日強風で延期となったセイワのパイロンレース第3戦でした。なので、私にしては珍しく4機満載。しかも発泡機はそこそこデカいのに、翼を外すと配線がめんどいので組んだまま
邪魔だぁ~
場所取るぅ~
何とか重ねて(笑)積み込んでセイワの飛行場へ向かいます(*^^)v
F07F92D7-692F-4E22-88BD-D66ED27B854E.jpeg

バイロン機は電池を3本しかもっていないので、練習無しのぶっつけ本番です
なかなかターンするタイミングが掴めませんねぇ
ってことで、私ゃパイロン1カットで見事予選敗退しました
あっけな・・・(笑)
はじめトリムがあってなくて、直しながら3周程大回りしてて、こりゃイカンとちょっと攻めたら、あらカット(泣)


決勝1~3位の皆さまです。おめでとうございます(^^)/
9ADCA71E-93BC-4AA8-A31A-928BEFAC8CA7.jpeg
うーん、次は狙うぞ!!


さて、そのあとはYRCで練習です
やっぱスタント機で練習するといいですね
充実感が違います
F47B65CB-9A06-48CD-9C92-D9B98F2D507D.jpeg

neo70/9FL

nice!(0)  コメント(0) 

バッチリだ [ラダーオンリー機]

C543937E-0DEE-4A94-9E6A-B0F6C4C2E4A1.jpeg

もう言うことなし!!
そう、ポニーのスピンナーです
ようやく発見しました!!

nice!(0)  コメント(0) 

温故知新 3 [ラジコン]

さて、典型的サンデーフライヤーが九州でF3Aに目覚め、オールジャパン大会やクラブ対抗大会へ出るまでにドップリのめりこんだものの、また転勤で関東へ戻ったら元のサンデーフライヤー生活になってしまいました(^^ゞ 環境に左右されやすい性格なんです(笑) さらに徳島転勤でF3Aオンリーとなり日本選手権にも出、その後、大阪で鍛えられたのも束の間、またまた関東へ異動し、今年4月より山形県の米沢市に腰を下ろしております。

なんか私の履歴書みたくなってしまいましたが、お題に戻りまして、改めて空飛ぶものは空気次第。目では見えない空気を相手の七転八倒なんだなと、思うのであります。
サンデーフライヤーでとにかく飛べば楽しかった時代から、F3Aをやるようになって、空気の状態、空間認識がどれだけ重要かということが分かりました。飛行機が飛べば楽しかった時分は、飛行機だけを見ていればそれで十分だった、いや、それしか見られなかったのが正直な話なのですが、今は飛行機はボヤーっとしか見ていないです。視力が落ちたせいもありますが、飛行機を飛ばす空間全体を意識しながら飛ばしています。ちょっと行き過ぎた表現かもしれませんが、空間認識50%、飛行機50%な感じですかね。自分がパイロットというよりも第三者的視点で見ている感じかな?パイロットではあるんですけど同時に観覧者でもある、みたいな。

ラダーオンリー機で上昇下降はスロットルコントロールだけが頼りで、それで自由に(自分が思ったように)飛ばせるのか?と思われるかもしれませんが、先に言いました空気の状態と空間認識が役立ちます。空気の状態とは気温と湿度、それに最も影響をうける風。空間認識とは機体の居場所とベクトルの把握。これらを総合的に判断して機体を自分が置きたい方向へ向けてやります。舵が一つしかないゆえにこれら状況の判断と操作を常に頭の中で計算し続けます。舵が一つしかないと書きました。確かに動く舵はラダーだけですが、スロットルと合わせると実にさまざまなファクターとなり、機体をあらゆる方向にコントロールすることができます。不自由さは頭を使えば何とかなる。この空間認識の鍛錬にはF3Aの経験がストレートに生かせますし、また、ラダーオンリー機の経験もF3Aにフィードバックできます。全く違う正反対のような機体ですが、繋がるところがあって、というか、力学は同じで、まったくもって面白いです。

ラダーオンリー機の普及をしていきたいですね。


nice!(0)  コメント(0) 

温故知新 2 [ラジコン]

私の知識のベースは中~高校時代の雑誌であること、それとここ数年来のF3A環境が大きいことを書きました。それに加えてnet環境との関わりが大きな影響を及ぼしています。

ラジコンを始めた30年前は、勿論インターネットなんぞは存在しておらず、雑誌とクラブ内での情報が全てでした。ごく狭い範囲内での情報と自分の体験で楽しんでおりましたので、同じ機体を長く飛ばすなんてことは無く、すぐに飽きてしまいます。そもそも気が短くコツコツやるタイプではないし、また仕事も忙しく工作にかける時間もないので、ほぼEZの機体ばかりを飛ばしてました。その後はヘリありグライダーあり、飛ぶものなんでも片っ端から手を付けていました。でも上手くはなりませんでした。何でも飛ばしますが、そこまでなんですよね。多くのフライヤーはそんなタイプの方ではないかと思います。日本の平均的フライヤー像みたいなのが私でしたね。
それが転勤をきっかけに大きく変わっていきます。杉並に住んでいた時にラジコンを始めて、それから数年後に初めての管理職となって鹿児島に赴任することになりました。全く土地勘のないところで、当然知人も一人も居ないところで、どうやってラジコンを続けていこうかと考えたとき、当時急速に拡大していったnet環境を使おうと思ったわけです。netと言っても今のように回線速度が速くないため、画像を送るだけでも大変な時間がかかりましたので、よく利用したのはニフティの掲示板と、北九州のH生さんが主宰していたRAMLでした。特にRAMLはF3Aを中心に活動していたトップフライヤーの方々も入会しており意見交換が行われていたし、当然九州の話題も濃かったため、大変有難い情報源として活用させていただきました。RAMLがきっかけで私はF3Aの道へ入っていったので、今思えば、この転勤が無かったならば、こんな楽しい趣味の世界は味わえなかったな~と感慨深いものがあります。

<続く>

nice!(0)  コメント(0) 

温故知新 [ラジコン]

最近、ラダーオンリー機を飛ばすようになって、改めて飛行機の空気力学…といえば大袈裟ですが、空気の重さを感じています。重さというか、空気に乗っかって浮いている感、ですかね。


ところで、私が実際にラジコン飛行機を飛ばし始めたのは30歳位で30年前ですから、道具は今とさほど変わっていません。いわゆる4チャンネルプロポで入門し、A、E、R、TのMKハッピー20で操縦を覚えました。
そもそも、中学~高校2年の頃が一番ラジコンに興味があった時期で、もちろん高価なラジコンなんて買えるはずもなく、毎月U技、ラジ技その他小遣いで買って、隅から隅まで読み耽ってました。記事の内容は全て暗記してましたね(笑)記事を書いている人、写真の人、機体、折込図面、広告全てに憧れてました。いつかは自分も持ってみたい、飛ばしてみたい、そう思いながら知識だけはどんどん積み上がっていきました。理論だけはいっぱしのベテランフライヤー(笑)だから1970年台のことは、まるで一緒に飛ばしてたくらいの知識があります。反対に1980年代は全く空白の時期(^_^;)
最近とみにnetでも1960~70年台の話題が多く上がります。70年台は 私が得意な分野ですね。だから皆さんが発言していることがよく分かりますし、とってもリアルに感じます。しかも記事には無い裏話も当事者から聞けたりして、楽しいのなんの。私が結構話に付いてくるので当時からやってると思ってるでしょうが、どっこい、耳年増なだけです。でも、単なる耳年増じゃないのは、F3Aやってるおかげですね。知識と技術のギャップを埋めるのは、高いところを目指して練習し、また環境に恵まれ、トップフライヤーの方々との交流の賜物です。当時、私から見たら雲の上の方と普通にお話しできるなんて、夢のようです。考えられませんもんね。やはり高いところに向かって登らないと、純粋な情報は得られないし、喜びも得られない。下流にはいろんなものが混ざるんです。私が日本全国の大会に行脚するのはそういうこともあるんです。

<続く>

nice!(0)  コメント(0) 

8/12の飛行場 [今日の飛行場]

お盆で皆様お忙しいようです
本日のお持ち込みはこの3機 CD0AD558-E4E3-47F8-8B6C-ACCB67363A46.jpeg
セレナL(エル) ENYA 35-4C
プレイリー改 FUJI 15Ⅲ
アパッチ
どれも無線の方式が違うので互換性なし
よって送信機も3台というめんどくささ

先ずはセレナで楽しみます


そして、相変わらず挙動不審のアパッチ


風弱く、暑くも無く、大変良い飛行日和でしたが、どうもこの組み合わせは飽きる。虻蜂取らずと言うかなんと言うか、集中出来ないなぁ。やはりスタント機でまじめに練習した方が集中が続くし、丸一日過ごせるわ。

nice!(0)  コメント(0) 

振替休日 [一般]

今日は日曜出勤の振替休日でした。
息子が運転免許の更新だと言うので、天童までクルマで送って行って、お昼は久しぶりに、いきなりステーキ!!
山形県内は、まだ2店舗しかないのよ(泣)
折角プラチナカードになったのに、使う機会が無い!で確か3000円分ギフトが付いていてはず、っと思って見てみたら…

ありゃ〜!!

12AEA660-222F-4129-9FA7-66CA24B667CC.jpeg
有効期限が2ヶ月やん
もったいなー(^_^;)
スッゲー残念!


nice!(1)  コメント(1) 

8/5の飛行場 [今日の飛行場]

更新が前後しましたが、日曜は午後から出社なので、午前中に2フライトしてきました。
もちろんプレイリー号です(笑)
9D954F23-57E4-4719-A09F-58BF2158003C.jpeg
飛行場へは一番乗り
すぐさま燃料入れて、エンジンをフリップすると、一発で掛かりました。WAO!!
今日は試しに滑走離陸させてみましたが、楽々離陸(^^♪
風が弱いので、低空旋回で舵の利き具合、スロットルの加減を確認します。その後、高度を取ってのスパイラル降下、連続宙返り、連続ループ、スプリットS、インメルマンターン、ストールターン、キューバンエイト、タッチアンドゴー等を試してみました。
動画は撮ってみましたが、離れると何やってるかよく見えませんね(^^ゞ

まだ、時々効くはずの無いエレベーター棒を無意識で動かしてしまいますが、動力付き飛行機操縦の原点がここにあると、感じ入りました。
スロットルレバー上げ→エンジン回転上昇→推力増加→速度増加→揚力増加→機体上昇
最スローから1~2クリックで水平飛行が出来てしまうので、この辺のスロットルワークはなかなか微妙です。水上機のタッチアンドゴーに繋がる操作方法ですね。エレベーターだけで行う着陸(水)とは違う、実機感あふれる動作です。
飛行艇のラダーオンリー機をぜひ作ってみたくなりました。
来年のカシオペア水上機大会はこれで決まりだな(笑)

2フライト目
またまた1フリップでエンジンスタートし、スゲー!! FUJI最高
ところがタキシング中に穴に足を取られて、つんのめりエンスト
エンジン再スタート
スタート


掛からない
プラグは赤くなってるし、燃料も来てる

んー
とにかく、フリップ、フリップ、フリップ・・・
腕ダリ~(/_;)
だんだん、パスン、パスン言ってきた

ようやく ビイ・・・・~・・・・!

再スタートは燃料薄めが良いみたい
OSはジャブジャブが良かったけど、フジは薄めね
ただ焼けやすいので、ニードルは濃いめで生ガス吐き出して、熱交換が必要


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -