So-net無料ブログ作成
検索選択

Tidewave改改進行中 [水上機]

第1幕は終わり、2幕へ続きます
IMG_8533.JPG
パワーユニットは一旦全部取っ払います
さてと
へへへへへ(^_^)v

nice!(0)  コメント(4) 

Tidewave(改)Twin検証 [水上機]

初飛行しましたので、その結果と検証です

都合3フライトしまして、1-2フライト目はGoProカメラ搭載、3フライト目はカメラを下しました

飛行前の予想
①カメラの抵抗は凄いんだろうなぁ
②乱流がモロ尾翼へ当たるけど舵が効くんだろうか
③第2ステップは低かったかな
④スロットルオンで頭が下がるんじゃなかろか

結果
①想像以上にカメラの影響は大きかった
②舵は効くけど頭重すぎて、モーター止まったら石
③第2ステップは倍増しが必要
④スロットルオンで頭上げ

検証
①予想はしていたものの、かなりのブレーキ
 外したらごく普通のよく飛ぶヒコーキになった
②スロットルオフでの頭下げが極端で、指定の重心位置では
 まともに飛ばない。正規の重心位置にセットするのが先決
 この機体はもともとモーターパイロン方式で、高いところに
 推力線があるため、スロットルオンで頭下げのモーメントが
 働きます。それを打ち消すために前重心でエレベーター
 トリムアップのプリセットになっています。スロットルハイ
 →頭下げる、尾翼に風が当たる、トリムアップが効果出る。
 スロットルロー→トリムアップで頭が上がるところ、前重心
 のため頭が下がる。という理屈ですね
 でもこれってそもそも飛行機自体の性能としてはバランスが
 おかしいですよね。私は納得できません
 まずは飛行機として真っ当な性能を出して、モーターのオン
 オフの姿勢はモーターのスラストで調整すべしと思います
③ハンプの姿勢を見ると第2ステップがほとんど効いてません
 浮いている状態。なので少なくともあと5mmかさ上げして
 長さも機尾へ伸ばす必要があります
④翼の上にモーターが出ているため、スロットルオンで頭下げ
 と思ったら、逆に頭が上がる。翼型の影響が大きいのかな?

総括
飛行機自体はごく当たり前にバランス良く素直
重心位置は大事
FC利用の双発は調整不足だったので、第2案を遂行します

で、Tidewave(改)はまだまだ進化しますよ(笑)

(追記)
3フライト目に突然エルロンがロック
ニュートラルから動かなくなりました
何でだろ??
幸いラダーがエルロン以上に(笑)効くので、左手一本で無事着水し回収
確かに動かん
家に帰って動作確認したら・・・動く
謎じゃ

nice!(0)  コメント(2) 

6/11今年2回目の水上機 [水上機]

7時現着
前回の場所は釣り人が居たので、50mほど西側にずれた場所
まあ、ココの方が見晴らしはいいですね。

IMG_8507.JPG

参加者はポルコさんにtakaさんに私の3人

IMG_8510.JPG

IMG_8515.JPG

IMG_8520.JPG

IMG_8525.JPG
暑くもなく寒くもなく風弱く、最高の飛行日和でした。
9時半には、もうお腹いっぱいになってしまい、お昼でお開きにしました。


して、私のtidewave改ツインですが、イキナリ初飛行からGOPRO積んだのは、ちと、無謀でしたね(^_^;)重心高いし、抵抗は物凄いし、スロットルスローでは頭下げて真っ逆さまです。エレベーター引いても引いてもちっとも頭上げず。なんか着水がむずかいしいなあ、とか思いつつも、なんとかトリムは取ってスロットル全開の癖を見ようとしたら、キャー!モースト!!頭下げてバッシャーン!でんぐりがえりました(泣)朝の1発目から沈ですかい。ポルコさんがボート出そうとしますが、一応国際救助隊に出動要請しました。さすが、見事回収です。←自分ですが(^_^;)


なんでモーター止まったかな?
回収して、モーター回すとちゃんと回ります。なぜ??
それにしても、防水対策バッチリでしたね。約10分ほど水面下でしたが水は入ってませんでした。


で、2フライト目。こんどはロール、ループやって見ました。あああ!!ループの後でまたもモースト!!バッシャーン!!どうもESCの熱カットみたいですね。やっぱりペラがちと大きいかな?風が当たらないところだから、キツイんですね。


3フライト目。こんどはGOPRO外して見ました。

全然飛ばしやすい。癖も無く飛びます。余裕のパワー。てことでまあ目的は果たしたので、OKでしょう。


てことで、満足満足満足!
ご参加のみなさま、お疲れ様でした。
次回、またよろしくお願いしま〜す。

では、動画をご覧あれ


nice!(0)  コメント(2) 

ギミック追加 [水上機]

双発化により、モーターパイロンが不要となり
ましたので、そのスペースが空いています。
となると

IMG_8483.JPG

当然こうなります

IMG_8481.JPG
GOPROの防水カバーつけて完璧
すごい抵抗になりそうですが
どうなることやら…f^_^;

nice!(0)  コメント(2) 

リンケージ終わり! [水上機]

Tidewaveのリンケージが終わりました。
簡単す(^_^)v

一応雫対策として、主翼の裏にタッパー付けて、その中にFCやらESCやら受信機を入れておきます。密閉する必要はありません。発泡製ですからひっくり返っても翼は沈みませんからねー。ちょっと配線の取り回しが雑だけど(笑)
IMG_8468.JPG
ステッカー貼って、垂直尾翼が曲がってたのをヒートガンであっためて直して、出来上がり〜
IMG_8471.JPG
IMG_8472.JPG
さて、その重量はと…
えー!!
なんと800g!!
標準で900g以上なのにね〜

余裕があるとなると、ギミック装着だな
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

nice!(0)  コメント(0) 

仮組 [水上機]

こんなんなりました〜
あとはリンケージを残すだけ
IMG_8456.JPG

nice!(1)  コメント(0) 

Tidewave進行中 [水上機]

ネタバラです(^_^)v
推力線の高いのはどうかな〜
と思い、低くするには?
ペラを小さくする
小さいと推力落ちる
ならば数を増やす

ということで、双発です(^_^)v
IMG_8454.JPG
これで足りなければ、3発、4発…(笑)
マルチのPDBを使って簡単に増設できます


nice!(0)  コメント(2) 

ゴリゴリゴリ [水上機]

とにかく、今あるパーツを有効利用
してしまいましょう。
動力周りも秘策があります(^_^)v
IMG_8452.JPG
マルチローター機の壊れたフレームを
切り落として、モーターマウントに
します。手が痛くなった(泣)

そうだ、LEDも付けたいなあ〜
でもわざわざ買うのもなぁ〜、悩む

nice!(0)  コメント(0) 

水上機どんだけ好きなのよ [水上機]

ということで、梅雨前のこの時期はフライトには最高の
季節ですね。6月はまたも水上機を飛ばしに行く予定で
すが、晴れるといいな~

以前にも語りましたが、水上機をやる場所はどうしても
湖沼になります。しかも交通の便が良くて、車も置けそ
うなところ。そういうところは様々な目的をもって多く
の人が集まります
そこでワーワー飛ばすのは気が引けますね
ですから好む好まないにかかわらずエンジン機はNGだ
と思ってます。飛ばしている本人は自分の目の前を飛ぶ
ときだけ音が聞こえてますが、実際には飛びながら広範
囲に音を出し続けているわけですから、自分が感じてい
る音よりも、周囲は煩く感じます

この前の集いでは2スト禁止でしたが、4ストも相当煩か
ったですね。ノーマルのちっさいマフラーでなくて、せ
めてF3Aに使うような容積のあるもので、かつ回転も低
く抑えるべきではないですか。それでも煩いんですが。

電動だってもっと静かにできると思いますし、まだまだ
です


ということで、未だに音に対してあまりにも無頓着な人
が多すぎて嫌になります
そういう自分の機体もめっちゃ煩いんで、対策せねば!!!


nice!(0)  コメント(2) 

ホップ☆ステップ [水上機]

6月の水上機遊びのために、お手軽飛行艇としてTidewaveを弄っ
おりますo(^▽^)o

A1D3FEF0-EFDE-4D5B-9A0F-0A137CD91449-381-0000002BB17893C7.jpeg
発泡スチロール製ですが、海外の機体にしては設計が凄くまとも!!
2点気になるところはあるけど、他は至極スタンダードで良く
できてます

気になる点

一つはモーターのスラスト
モーターの取付位置が高いところにあるので、推力が増すほど
に、機首下げの方向に力がかかります。それを打ち消すために
エレベーターアップトリムでバランスを取るのですが、そうし
ますと推力が減ったときにバランスが崩れて、機体を降ろそう
とスロットル絞るほどに逆に機首が上がってなかなか降りてこ
ない。場合によっては激しい機首上げで失速・墜落となってし
まうこともあります。

何故か海外の飛行艇モデルは推力線が主翼の取付角と並行なも
のが多いのです。この嫌な癖を取るにはモーターのスラストを
ガッツリ上に向けて、機首が下がらないようにします。機体
本来のバランスに対して、推力による姿勢の大きな変化を与え
ないようにすれば良いわけですね。ここはF3Aの機体とも共通
の動力機の調整です。

 (追記)日本でもこの手の設計の機体があります。昔雑誌の記事
で、前重心にしてエレベータートリムアップにしておいて、
スロットルオンではプロペラ後流で頭上げの姿勢を作り、オフ
では前重心で頭下げという理屈の機体がありましたが、これっ
てそもそも飛行機としておかしいんじゃないの?と納得できなか
ったことを思い出しました。

最近では某スチレン製キットのかわいい飛行艇ですが、これも
離水しませんでしたねポルコさん(笑)物理的におかしいですね。
この前、水上機の集いでこの機体を見かけたので「水面から離
水しますか」って聞いたら「いつも手投げなんでやったことあ
りません」て…ガクっ。で当日実際にやってみたら案の定プレ
ーニング入らない。いや、だって主翼の上にモーター付いてて
機首が沈む方向に力がかかるんだから、吹かせば吹かすほどに
機首が水に刺さって飛沫が上がり、それがペラにかかって推力
出ず。機首の浮力も足りないうえに角度も急だから余計抵抗に
なってる。てことで水煙を上げるだけで一向に速度が乗らずに
お終い。こういうものを商品として売る側に物凄い責任がある
と思うんですけどね。機体を見た瞬間に、これはどうかな?と
思ったんだけど、何となくかわいいし小さくてお手ごろだから
買っちゃうんでしょうね。ついでにこの機体はサイドスラスト
もついていないので水平飛行でもサイドスリップしながら飛び
ます。左旋回はくるっと回るのに右旋回がとんでもなく回らな
い。それがいいという人もいるかもしれませんが、私はねえ~
そもそもひねくれて飛んでる飛行機を飛ばしても気持ち悪いだ
けだし。ご遠慮申し上げます。余談でしたm(__)m


もう一つはステップの高さ
飛行艇の性能の全てともいうべき、ステップ位置、ステップ前
後の角度を測ったところ、いわゆる水上機の黄金律データでし
た。簡単に言うと水上機として最も性能の良いテトラと同じ。
ところが、ステップの「高さだけ」が異様に高い!!
なんでこんなことにしたのか全く不明ですが、せっかくの黄金
律がダイナシです!!
あほちゃうか???
この辺が海外の機体の面白さというか、なんというか(笑)
先日なっかーさんの機体のハンプ~プレーニングの姿勢をみて、
あれ?
と思い、機体を見せていただきましたが、そうなんです。
ステップが高すぎるからテール側の抑えが効いていないんです。
プレーニングからハンプに移る際に、ステップ後半の角度が付き
すぎてて、頭が上がり過ぎ、抵抗増えて頭下げ、ステップ前半が
水面について頭上げ~の繰り返しでピッチングが起きてしまって
ます。静水面では1回くらいのお辞儀で、もともと軽くて浮力の
ある機体ですからすぐプレーニングに入ってしまうのですが、
波が立っているとかなり暴れるでしょうね。おそらく離水不能で
は?海外の動画を見ていてもやはり同様のピッチングが見ら
れました。しかし、この機体を改造したって話を聞かないの
はなぜでしょう。こんなものなんだと思ってるのかな?

てことで、以上の2点を改良する作業にかかります。

先ずはステップ以降の船底嵩上げ
手間暇かけてもしょうがないので、ダイソーで5mmのボードを買
ってきて貼付けました。もう一枚貼ってもいいかな?とも思った
ですが、実際やってみて足りなかったら貼る。
これでいいでしょう(笑)貼るよりも剥がすのは大変ですから
8EC6015C-3516-4B0B-A41F-5D5B8F899C82-381-0000002EA61AFD12.jpeg
白無垢の機体ですので、本家Tidewaterに似せた塗装にしました
水性のアクリルスプレーとダイソーのテープ
IMG_8444.JPG
IMG_8443.JPG
IMG_8442.JPG
2段ステップにしました
IMG_8448.JPG

nice!(0)  コメント(7)