So-net無料ブログ作成
検索選択

抵抗 [F3A]

なんかネタの小出しみたいでアレですが

前回、背面飛行でラダーを入れると抵抗が増えて速度が落ちるので、その分スロットルを足して速度をキープするって書きました。背面飛行の例は機体の動きが少ないので、それが分かり易いから出したまでですが、当然他の操作でも同じことが言えますね。連続ロールはパワーを足していかないと速度がどんどん落ちるし

さて、その背面飛行ですが、飛行航跡を真っ直ぐ飛ばすために微妙に左ラダーを当ててやる練習を延々とやっておりましたら、なんか妙に機体のすわりが良いことに気づきました。むしろ正面よりもどっしりした感じ
普通は正面の水平飛行でまっすぐ飛ぶようにトリムを取りますので(人によっては気持ち下がるくらい)、裏っ返しになればエレベーターはダウンを押して主翼に迎角をつけてやる必要があります。更に左ラダーを少々当てますので、正面に比べてラダー/エレベーターを同時に切った状態になっています。ということは機体の抵抗は増えます。ですからスロットルを開けなければ速度が落ちるということですね。着陸の時わざとサイドスリップをさせて速度を殺すことがありますが、僅かとはいえそれと同じ舵が当たっているうえ、速度も速いので機体のひきずり抵抗が多くなり、それがすわりの良さとして感じられているんでしょう。

ところで、何で背面だと左ラダーが要るの?
正面でまっすぐ飛ぶようにサイドスラストをつけますが、背面飛行では姿勢が変わるため胴体を流れるプロペラ後流の影響が正面とは変わります。その結果、サイドスラストが付きすぎの状態となり、機体右側に曲がっていきます。それを左ラダーを当てて補正してやります。もちろんその量は機体によってまちまち。多く必要な機体もあれば、それほどでもない機体もあります。

その辺は、頭上を正面水平飛行、背面水平飛行させてみれば確認できると思います。一度お試しを。どっちにしても、意外にも進行方向に真っ直ぐ飛んでいるわけではなく、常に微妙にサイドスリップしながら飛んでいることが分かると思います。

nice!(0)  コメント(1) 

やっぱ楽しい [F3A]

このところ、スポーツマン級のパターンしか飛ばしておりませんが
やっぱ、楽しい
で、難しい
そんで、やればやっただけ進歩はある
傍目にはわかんないでしょうけどね~

ミュゼ友(笑)との飛行研究会で、こんな感じに飛ばすの・・・って言って、背風に対処した飛ばし方と、未対処の飛ばし方をやってみましたが、自分では意識せずにこんな舵を入れてるんだと、改めて確認できたのは良かったですね。人様にはラダー使わずにそこはエルロンで!!とか言いながら、自分は無意識でラダーも使って抑えてたりして(笑)・・・ごめんちゃい

そういえば背面飛行でラダーが必要って言われて、なるほどそうなんだーって実感できたのは、F3Aフルサイズの機体を初めて飛ばした時だった。それまではそんなこと考えたこともなかったし、例え、やったとしてもその違いは判らなかったでしょうね。舵を打つと(追記:打つというよりも抑える、なめるって感じですね)、その抵抗が凄いもんだってのも、その時ようやく分かったし。それまではスロットルなんて上昇の時に開けて、下降の時は閉じて、としか使ってなかったけど、舵を打ったら抵抗が増えるからその分1コマスロットル足して…速度をキープする、なーんて想像もできなかったですよ。何が言いたいかというと、機材は大事ってことです。そういう機体を飛ばさなければ分からないままだったかもしれないし、分かったにせよ、もっとモワッとしたものだったかもしれない。そういうことも含めて、きちっと調整された機体を飛ばして初めて感じられることもある。調整不足の機体ではそんなことを感じている暇はないでしょうからね。



nice!(0)  コメント(15) 

基本練習 [F3A]

パターン飛行が気持ちよく出来るようになりたい!!
という方は多いのでしょうか?
そんなにいないのでしょうか?
良くわかりませんが(笑)

私は常々「正確に飛行機を飛ばす技術が安全飛行に繋がる」と言っております。正確に飛行機を飛ばすには、パターン飛行の練習が良いわけですが、そうは言ってもなかなかうまくいきませんし、どういう練習をしたらいいかもわからないと思います。ご参考までに、私がポルコさんによく話している内容を以下に書いてみました。



<離陸>

漫然と離陸はしない
一発でフライトコースに乗せる
(どの位置に飛行機を置いて、どれだけの速度を出して、どこで離陸して、どんな角度で上昇し、どの地点でターンを開始し、上昇角度を維持しつつ、どれ位の半径でターンし、どこでターンを終了するか。離陸終了後、フライトコースに乗せるにはどうするかよーく考える)


<一定の距離、高度、速度でコースを往復できるか>

左右のターンの仕方
①先ずはPターンのみ(コースに乗せ易いので)
②ハーフ・リバース・キューバンエイト
       →正しい図形を描いているか(☆)
 漫然と「それっぽいような」ターンは「死んでもしない
 心構え」が必要

 ☆図形の確認方法
  ・先ずは引き起し後のハーフロールがセンターとなるように
   位置取る
  ・引き起こしの1/8円の大きさ、直線の長さ、センター位置
   5/8円の大きさ、形、各位置での主翼の見え方を覚える
  ・ほぼ正確な図形が書けるようになったら次第に位置を端の
   方にずらしていく
  ・最終的に左右両端で行う。見え方がセンターとは大きく異
   なるのでそれを理解する

コース取りの練習
<ポイント>
 水平飛行中に主翼を傾けてのコース変更(=旋回)はしない
 コースの変更ができるのは左右端のターンのみ
 コースの方向は主翼面の向きで決まる

左右端のターンで降下中、主翼上面が自分の方に向いた状態でエレベーターを引けば、飛行機は自分の方へ向かってくるし、向こう側を向いていれば自分から遠い方へ飛んでいきます。エレベーターを引く前の姿勢で水平飛行の方向が決まります。主翼上面がどのように見えたらどこへ向かっていくか、繰り返し試して覚えます。行き当たりばったりでやっていたら、全然覚えられません。水平飛行があっちこっち行くのは、降下中の面がどっち向いているかわからないからです。それが良くわからないうちはパターン飛行は出来ません。水平飛行から左端でアップを引いて垂直上昇、更にアップを引いて背面水平飛行し、右端でアップで垂直降下、またアップ引いて水平飛行に戻るという、横長の角宙もいいですし、左右をストールターンにするというのもありです。要は垂直面での翼面の向きを覚えるために方法は色々あります。水平飛行だけだったら何てことはありません。トリムがちゃんと取ってあれば、ほぼ端から端まで真っ直ぐ飛んでいく筈です。水平飛行に入れるのが難しいんです。という事はその前のターンがちゃんとできていないから水平飛行のコースに入られないんです。ところが多くの方はこの左右のターンがいい加減で出口に狙いを定めていいところに出てこないんです

<水平飛行>
水平という事は地面に対して主翼が水平ですが、自分に対して水平と勘違い(見間違い)している方が多い(殆ど?)ですね。機体の側面だけしか見えない状態では、飛行機がどの方向へ向かって飛んでいるかが全く分かりません。機体の裏面が見えるからどっちに向かって飛んでいるかが分かるんですね。飛行高度によって主翼の見え方も変わります。水平の見え方は別に飛ばさなくても家にいても、歩いていても、トイレの中でも確認できますので、覚えられます。飛行機を目で見て姿勢を判断して操作しますので、機体によってその見え方も変わります。ですから色んな機体を飛ばしてしまうと、頭に入力されるデータ量が多過ぎてオーバーフローして記憶に残りませんし、正しい判断ができなくなってしまいます。機体はコロコロ変えずに、意識せずとも確りしたコース取りが出来るようになるまでは1機だけに集中すべきです。

<正宙返り>
最下部はセンターか、9時の位置、頂点はセンターか、3時の位置
重力、遠心力、風を感じる
スロットルの開け閉めとエレベーターの関連性を感じる


nice!(0)  コメント(4) 

第2回 暑いぞ、ふきあげ・気楽にスタント大会 [F3A]

今日はMBPジャパン主催の
第2回 蒸し暑いぞ、ふきあげ・気楽にスタント大会
に参加して来ました(^_^)v
あ、ちょっとタイトルが違うか(笑)


なんと朝は3時半起き!
と言うのも、昨日飛ばした時に飛行機の挙動がおかしかったので、帰ってから点検したら、エレベーターホーンの接着が剥がれガタが(@_@)どうも内部で剥がれたようなので横から穴開けて瞬間流して固めました。ガッチリ付いて当面大丈夫かな。しかーし、トリムズレが気がかり。本番で離陸後トリム取ってもいいけど、なんかねぇ、落ち着かないのよ。その件が気になって、早く目が覚めた次第です。
4時半に家を出て往路の途中、某所でもしやテスト飛行が出来るかなと期待したのですが。しかし家を出るときは物凄い雨[雨]?あーあ、ダメかな?
ところが、やっぱり日頃の行いが良いから、某所へ着いたら雨がポツポツ程度に(^_^)v
バッチリトリム取れましたぁー[るんるん]良かった
これで安心して会場へ向えます。会場は昔飛ばしていた飛行場のすぐ近くだったので、15年ぶり位に道を思い出しなから走ります。見覚えのあるコンビニがあったので、コーヒーと朝ごはんを買うのに立ち寄りました
したら
mamuさん!!と私を呼ぶ声が
えー?こんな所で誰??
と思ったら、以前同じクラブで飛ばしていたHSMTさんではないですか!!びっくり!!何年ぶりですか?まさか、ここで会うとは。お互い、悪いことは出来ないですね?(笑)
いやー懐かしい?とか思いながら、会場到着です。ポルコさんが先に着いてて場所を確保してくれてました。小雨模様だし、日が出たら暑そうなのでテント設営。takaさん、HYKWさん、K泉さんとか、顔見知りの方もおられ、ご挨拶m(_ _)mよろしゅうお願い申し上げます。
IMG_8689.JPG
開会式
IMG_8691.JPGIMG_8692.JPG
ジャッジのお三方
IMG_8694.JPG
急遽ナービスに参加のポルコさん
IMG_8696.JPG
フライトエリア前方はトウモロコシの林、左手水道橋、右手土手とちょっと気になるロケーションですが、まあ今日は風が無いから大丈夫でしょう
IMG_8697.JPG
で、突然ですが結果発表?(^_^)v
私?
スポーツマンクラス1位
アドバンスドクラス2位
つーことで楽しく飛ばさせていただきました
IMG_8708.JPG
副賞でコレもゲット
IMG_8706.JPG
これで演技覚えるにはちょっと重いな(笑)
ポルコさんは初ナービス2位!!
IMG_8700.JPG
おめでとうございます〓パチパチパチ
これでさらに張り合いが出ますね
主催関係各位、ジャッジの方々、ご参加の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
次回スポーツマンには出られませんが、アドバンスドで遊ばせていただきます(^_^)vよろしくお願いします。
最後に、takaさんがクジでゲットしたこれ
IMG_8702.JPGIMG_8703.JPG
欲しかったな?(爆)
帰り道も下道で昔通った道を辿って来ました。覚えてるもんだねぇ。環八裏道も。
ほんと今日は再会あり、懐かしさあり、結果良し、と言うこと無しの一日でした


nice!(0)  コメント(12) 

メモ [F3A]

演技の修整用メモ
・ストールターン直後の直線が長い→ロール位置が下がる
・直線→降下に入る前のスロットルが下げすぎでアールがダラッとなる

昔からこの傾向があって気を付けてるんだけど、まだ足りない!!

nice!(0)  コメント(0) 

念のため [F3A]

「やっぱこの機体のコツは降下からの引き起こしでスロットル開け開け!!
エレベータを効かせるにはスロットルで風を当ててやらないとですね。
等速感出すにも、スロットルかなり使います。
この辺はフルサイズとおんなじですね(^_^)v」


わかってる方はわかってるので、説明する必要もないんですが、もしや、この文章見てカッ飛ぶ方がいないとも限らないので、念のため申し添えます。


フライングテールの小舵が効かないのは周知の事実。初動でテールの動きと、航跡の動きにズレが出ます。これを嫌う方も多いのですが、私は逆にこれがメリットと感じています。テールのアクションを出すことによって、直線と円の変わり目がアピールできて、メリハリのある演技になるのではないかと思います。
一方で、正確性を出すのが難しい(本末転倒ですが)。プロペラ後流がどれだけ水平尾翼に当たっているかで舵の反応(効き具合)がまるで違うのです。そりゃどんな機体でもそうなんですけど、特に私の犬歯尾翼改はこの差が大きいんです(水平尾翼面積が少なかったの)。

私が70クラスでP17を飛ばすと、離陸から最終演技終了まで約7分ちょい。ですからけしてカッ飛んでいるわけではありません。冒頭「開け開け」は意識してエレベーターに風を当てて機体の姿勢を作ってやるっていう意味でした。久しぶりに70クラスを飛ばして機速と舵の効き具合の関係を忘れていました。これはベルトリダクションユニットのシャフトが曲がっていて音が出ていることから、機体の風切り音、ペラの音が混ざってよく聞こえないことも一因でした。結構下りで唸るので機速があるように錯覚してスロットルを開けられず、結果として下りの引き起こしで詰まってしまう、機体が不安定になってしまう、水平に綺麗に抜けてこない、ということになってました。ようやく降下時の機速とスロットルの関係が分かってきて、スロットルが開けられるようになり、水平への抜け、ハリツキが出てきました。一方でそのスロットルで抜けたまま来ると今度は速度が上がりすぎますので、どこで調整するか。先の演技を見通して全体の流れの中で、等速感が出るように考えます。

とにかくF3Aって、頭使いますね。
考えて考えて考えまくって、それが上手く嵌った時の爽快感、達成感と言ったら、最高です。
いろんな気象条件の中で、それにあった対処をしていきますが、「一手」間違うと、それをカバーするのに大変な労力を使います。だからとにかく引き出しをたくさん持って、如何に先を読んで引き出しから対処法を取り出して手を打つか。その繰り返しが7分間持続できるか。それが勝負です。

久しぶりに面白い週末を過ごさせていただいております。
この面白さは機体の大小には関係ないのですよ(^^♪


nice!(0)  コメント(0) 

蘇ってきた [F3A]

EVOを失ってから、久しく飛行機を真剣に飛ばしてなかったので、チョー下手になっててどうしようか思ったけど、この週末二日で25フライトして少し蘇ってきました。

なんせ、今日の8フライト目までは、逆ラダー打つわ、逆エレベーター打つわ、傾き直さないうちに引き起こすわ、、、大変でした(^_^;)押さえの舵が全然打てず、あっちフラフラ、こっちフラフラしてたし

10フライト目でちょっと感じが戻ってきて、ループから直線。直線からループのメリハリが出てきましたよ(^_^)vやれやれ

これでようやく各演技の形作りに行けるぞよ


なーんて、来週になったら、また1から出直しだったりして(@_@)

nice!(0)  コメント(2) 

環境に恵まれて [F3A]

私、つくづく環境に恵まれてるなぁ
と思います

先日、F3A勉強会で講師が話された内容は、いつも飛行場でよく交わされる話でしたが、他ではそうそうこんな本音話は聞けないでしょうねぇ。他でよく聞く「~だそうだよ」「~らしいよ」「〇〇がこう言ったって」という話ではありません。ほんとにトップスキルをもって戦い、現場を知っている人達の「ナマ」の話ですから、これ以上の内容は無いわけです。人づての話って、間に入る数が増えるほどフィルターがかかるのは既知の通り。しかも一人が自分の体験を語るのみでなく、二人も三人もが実際に体験したことや、ノウハウを話してくれるわけですから、単に個人的な感想を聞くだけではなく、客観的な情報(=正解)が得られるわけです。こんな凄いことはないですよね。ありがとうございます。そんな機会を生かせなかった自分が不甲斐ないのですが、こればかりは個人の事情ってやつなので、自分が悪いんです。ごめんなさい。

情報って、一番高いとこに居なければ、一番いい情報は得られないです。その他大勢のところでは、降りてくる情報は多いけど、ほんとに有益な情報なんて無いです。netの情報ってそうなんですよね。なんでも手に入るようで、肝心なところは何にもない。どうやって欲しい情報を得るか
そりゃ、自分で高いところに上るしか無いでしょ
上る努力もしないで、落ちてくるゴミみたいな情報拾ったって意味ないし

と、思う還暦前の私です

今年は大きな1を捨てて、小さな1を拾いに行きます
それが第一歩

いやぁ~、色々あって楽しいわ(苦しいけど)・・・(^^ゞ
nice!(1)  コメント(0) 

F3A勉強会 [F3A]

今日は恒例、KMA主催のF3A勉強会に参加してきました(^_^)v
IMG_8091.JPG
講師の皆様方大変お疲れ様でした。ありがとうございましたm(_ _)m

OTRCに入れていただいて、つくづく良かったなと思います。何たって、こう言う話をいつも伺って飛ばせる環境なんて、そうは無いですよね。感謝感謝でございます。

午前中は講義で、昼からはブルーウイングの飛行場で実技の演習ですが、私はこちら(笑)
IMG_8090.JPG
昨日とおんなじ様な画ですが、違います(笑)コースを変えてターンが左右切り返しになる様に作って見ました。どんな感じにコースを回ろうかと考えながら、3回飛ばしたところでMMAさん登場。あれ?飛行機飛ばしに行ったんじゃ無いんだ。好きねぇo(^o^)o
で、ぶっ飛んで飛ばして、精神的にヘロヘロになって本日は終了。うーん、面白い!!

nice!(0)  コメント(0) 

新たな道へ [F3A]

ごく一部の方へはお知らせしておりましたが、先日EVOを落としてしまいました。

原因はRXバッテリーだと思います。思いますってのは微妙ですが、勝手な推測の範囲を出ないので、こういう言い方になってしまいます。このフライトでRXバッテリーを交換しようと思っていたタイミングではありました。着陸コースに乗せようとしたら全然舵が動きません。水平旋回に近い状態のまま2周回って・・・。その間スロットルだけは反応したのですが、速度を上げて更に遠くへ行ったのでは加害の可能性が増えると思って、直ぐスローにして早く落ちてくれるよう祈りました。その間も舵は無反応でした。結果、機体だけの損害で済んだのは幸いでした。

数日間、今後どうするか考えました。夢を追って続けるか、キッパリ一線を退いて別の道を目指すか。実はそもそも私にとって今年はF3Aチャレンジのラストイヤー。身体的にも経済的にも。最後の予選参加の予定でした。だから並々ならぬ意気込みで、昨年新型機を投入し全てを掛けて望んでいました。しかし・・・。
今から新作をもって予選に臨むことは不可能ですし、何らかの形で機体を手にしたとしても、ゼロから3か月間で予選までに仕上げることは私の力量では無理です。それは誰よりも私が一番よく知っています。チャレンジ精神だけではどうすることもできない部分があるのです。何より資金的にこれ以上負担を増やすことができません。私はしがない会社員ですから、趣味に費やせる時間と資金には限りがあります。昨年予想外のことがあったりして今年の資金事情がひっ迫しております(笑)。よって、諸々頭を冷やして考えた結果、F3Aへのチャレンジは辞めることにしました。これまでご支援いただいた方々には、本当に心より御礼申し上げます。
辞めるといっても、ローカル大会は参加して楽しんで行きますので、引き続きよろしくお願いします。

あ~、言ってすっきりしたぁ (^^♪

ってことでグライダー作らなきゃ(^^)/


nice!(0)  コメント(10)