So-net無料ブログ作成

2017カシオペア小型飛行機スタント大会前日 [F3A]

さあ明日は年に一度のカシオペア大会です
が、今日は朝から大雨ザザ降りです
朝3時半過ぎにポルコさんが迎えに来てくれました
ずぶ濡れになりながら機材を車に積み込んで、ナビを設定して4時前に出発です
2079F720-FBAD-439B-B303-8A5873C2A85D.jpeg
途中から私が運転を交代しました。総距離600キロポルコさんちから700キロ、約8時間の長旅ですが、2人だと意外に長く感じませんね。気がついたら名古屋、京都〜会場の豊岡です
A5F592AC-2EB2-4F92-AA50-CDF098ACE528.jpeg
11時半過ぎに現地到着。前日練習しますが、会場は12時から1時まで飛行ができないので、休憩、お昼ご飯にして待機します
316F7E70-791F-48BF-B3A0-925C015F6AAB.jpeg
飛行待ちの隊列がズラッと並びます
明日の参加者は44名との事ですが、今日は26機並びました
4C44B68C-3AE4-47A5-A1D6-846E9B501F02.jpeg
暑くなったり、小雨だったり、寒かったり、でも風は弱くて重い空気で感じ良く2回飛ばせました。明日も天気が良いようで楽しみです(^o^)/

夜はホテルで前夜祭
いろんな話が飛び交い、楽しい晩餐でした
28B246B6-632C-47A0-BC53-CE0412F85D15.jpeg
さあて、明日は目一杯楽しみましょう〜!!

nice!(0)  コメント(0) 

スランプかも? [F3A]

ここのところ、ちょっとスランプかも?

モノの見え方にズレがあって、分かっちゃいるけど修正できない。調子がいい時は自然に修正ができてるんだけど、それが遅れ遅れになる。そんなときは、真っ直ぐ飛ばすことだけ気を付けて無駄なあがきをしないに限る、ってのは分かっているんで粛々とやります。

間が悪いのは、大概そういう時期に大会が来ること・・・今週末も大会ですが、それまでに治ってるといいな~(治るはずないね)

前日練習日もありますが、飛ばせない前提で参りましょ(^_-)-☆
(体調整えることに専念します)
9月は右肩下がりだったので、10月はアゲアゲで行きたいですね

nice!(0)  コメント(8) 

プロペラの話 [F3A]

ここ何年か、ずーっとイマイチだなあと思いつつ、しょうがなくて使い続けているのはプロペラ。これだってのが無いんですよね。かといって自分で作れる訳もなく。まあ、グチです。
EVOの時も悩んだけど、いつまで悩んでもしょうがないので、えいやっとペラを決めてしまい、手のほうを合わせることに専念しました。今もファンタ70で悩んでます。一時はもうこれで決まり!!と思った時期もあったのですが、レスポンスや重量を考えての変更、さらに主尾翼の変更で、もう全然別のヒコーキになってしまったので、改めてプロペラの選定が必要になってきました。いえ現状のままでもアリなのですが、全般に高回転のため音が煩い。このまま行くにはフローティングマウント化しかありません。が、どういう構造にするかアイディアが浮かんできません。もう少し回転を抑えたいのですが、ところが高回転にはそれなりの良さもあって、それも捨てがたい。故にほんとはやや小径の3枚、4枚のペラを試してみたいんですよね。でもサイズがない。昔2スト140を飛ばしていたとき、4枚ペラを使った時期があったんですが、等速で凄く滑らかで使い易かったんです。チューンドパイプ付2ストの突っ走り、レスポンス遅れをカバーして、少しパワーは足りなかったけど中々気に入っていました。その後FIが出たのでそちらにしてしましたが、思い出しました。

コントラでは皆さんお悩みのようで試行錯誤が繰り返されているようです。また、プロペラについての考察がこちらにありますが大変興味深いです。プロペラは扇風機ではない。空気を押し出す反力で前進しているわけではない点に事の本質があるようです。一方でそうは言ってもプロペラ後流はあるわけで、その及ぼす影響の大きさも含めて操縦性、安定性に大きくかかわってきます。何とかいいバランスを探していきたいですね。

(追記)改めて考えてみれば、ピッチスピードよりも実際の機体速度が速いということは、プロペラ後流なんて発生していないということになります。後流が感じられるのは、機体が止まっているから空気のほうが動いたわけです。では実際にはどんな流れがプロペラを通った後に発生しているんでしょうか?
あれ??ちょっと面白くなってきましたね~


nice!(0)  コメント(3) 

気の持ちようで [F3A]

私が本当にラジコンを上手くなりたいと思ったのは、大阪に行ってからです。
そこで色んなことを学びました
それまでは何だったの?っていうこと多々
ほんとに、何にも知らなかったのね〜自分
その辺の話はいずれ、ぼちぼち。

それとは別に、仕事の上でも遊び(趣味)でも、自分の中で、こうやろうと思ってして来たことがあります。それは、自分はだめだ、もうやめた、しょうがない、いいなあ〜、うらやましい、という風に他人と比較して自分を卑下する、後ろ向きになる発言は絶対しない。人の事どうこうよりも、今、自分は何をしたいのか、時間はどのくらいあって、その間どこまでやるのか?って考えます。他人と比較すると自分の劣るところばかり気になり、やる気がなくなります。出来ることもやらなくなります。目標はその時その時で変わっては行きますが、人生残り少なくなって来てるんで、出来るうちに着々やっていかないと、結局何も出来なかった!て事になりそうです。そんな人生嫌なんで、ぜ〜んぶ前向きに考えるようにしています。でも、実際、そう考え出してから色んなことが変わりましたよ。人とのお付き合い、仕事、ラジコン、ぜーんぶ上手く行ってます…

さて、今日からお仕事だ…(^_^)v

nice!(0)  コメント(4) 

祝賀会 [F3A]

羽根田くんの『F3A世界選手権壮行会兼日本選手権悲願のお立ち台達成祝賀会』に参加して来ました〜*\(^o^)/*
…大阪で(^_^)v
IMG_9080.JPGIMG_9081.JPG
久しぶりの関西F3Aの面々と再会し、お話しできて本当に楽しかったです。それに最新ドローンレース事情も仕入れて来たので、これ又、お試しが楽しみです。関西は今厳しい状況ですが、それも皆さんの努力で前進しそうです。陰ながら応援して居ります。
更に私にとって、大変ありがたい申し出をいただき、また新たなチャレンジが出来そうです。山鉄ちゃんありがとう!!

ということで、帰りの新幹線でアップしております。後ろから台風が追いかけて来てますが、明日は何とか大丈夫そうね。

nice!(0)  コメント(0) 

飛行姿勢3 [F3A]

小道具も役に立ちます

私がよく食べてる雪印のチーズ
ケースをこんな感じにして、アイキャッチャー(笑)
IMG_9025.JPG
全体の図形と、枠のところでは主翼の見え加減が確認できます(^_^)v

IMG_9026.JPG
もちろんループもこう見えます
60度のところに線が入ってますので、それぞれを繋いで、ヘキサゴンでは辺の長さがどのように見えるかも確認できますね。

nice!(0)  コメント(2) 

飛行姿勢2 [F3A]

今週は休みを取って実家に行く予定でしたが、カミさんが風邪引いてるので、移しちゃ悪いし、週末からの海外旅行もあるので、家でゆっくり過ごすことにしました。

なので、怒涛のブログアップ(笑)

前回は水平での姿勢の話でしたが、今度は垂直姿勢

IMG_9024.JPG

狭い部屋で撮ったんで分かりにくいかもですが、立ち位置から右手60度フレーム一杯のところで、垂直降下中の機体を想定して下さい。身体は真正面で右に首を振った感じで、私の場合はこんな画角で見てます。意識の上ではこんな感じということで、機体を真ん中に入れないようにしています。視野を広く、先を見てということですね。

で、お気付きかと思いますが、右のフレーム一杯でも主翼上面はこんなに見えてるんです。水平飛行と同じく主翼がほとんど見えない方が居ます。実際の面はこんなにも見えるんですよ。

nice!(0)  コメント(0) 

飛行姿勢 [F3A]

水平飛行の姿勢が大事!!って繰り返し言ってます
単純に言って、機体が地面と並行な状態から90度引き起こして上昇させれば地面に対し垂直に登っていくはずです。なのでそれをやってみれば自分か水平飛行だと思っているのがあっているか、あっていないか分かりますね。実際はそうはことが単純ではないのが悩ましいところですが、まあ、確認するには良い方法です。

もう一つ、機体の側面だけが見える状態に無意識に持って来て、飛ばしている方が多いのですが、なぜダメか?もちろん先に言った通り傾いて入れば当然垂直に上がらないって事ですが、そればかりではありません
IMG_9015.JPGIMG_9017.JPGIMG_9021.JPG
いずれも水平飛行で側面だけが見えている状態です
これを少し下から見ると
IMG_9016.JPGIMG_9018.JPGIMG_9022.JPG
機首の方向が違いますね〜
そうなんです!!
機体を真横からみると機首が手前を向いているのか、向こうを向いているのか分からないんですね。
ここが大事!!
パターンやってて分かると思うんですが、機体が真横に見える演技って一瞬しかありません。殆どは翼の裏、表が見えるんです。見えるから機体がどっち向いて飛んでるか、飛ばしたら良いか判断できるんです。

nice!(0)  コメント(4) 

見学は為になる [F3A]

やっぱり人の飛びを見ると為になります。なにも日本選手権上位の飛びだけが為になる訳ではなくて、パターン始めて間もない方の飛びも、コレは非常に参考になります

ここで題材に使わせていただいて、誠に申し訳ないんですが、ご本人のメモとして、また同じ悩みを持つ方の参考として、役立てていただければ良いんじゃないかと思いまして、記事にさせていただきます。最近参加させていただいた大会やクラブ訪問で、アドバンスドクラス〜プレマスターズクラスを目指している方にも、よく見られる傾向とも言えますので。

実は、昨日今日と私がビジターでお邪魔したクラブのお二人、tamkさんとポルコさんですが、共通の問題を抱えておられました。

大変失礼ながら端的に言いまして、演技の形が正確かどうかと言うよりも、先ずは「フレーム内で一定の距離、高度、速度を保って飛ばし続ける事が出来無い」のです。ですから、毎回演技位置が不安定で右往左往してしまいます。もちろんパターンを目指すのですが、今の感じでは、なんとなくパターンらしきものをやったような気がする。四苦八苦しながらもなんとか完走できた。と言うところで一日は満足しているのでは無いでしょうか?でも、それって元のところが間違ってるから、正確な形を作って行こうとするのはものすごく時間がかかるんです。実は私がそうでしたから。特に教えてもらう訳じゃなく、なんとなくこんなカタチ…と思ってやってきて、出来たぞっと思って検定行けば全然点が出ていない。なんでーって。自分じゃ、ちゃんとやってるつもりなんだけどって、…コレ分かってないんですよね(^_^;)


目先に大会があるんで、そちらが気にはなるでしょうが、先ずはコース取りが正確に出来るようにするのが、早道です。演技をやりたい位置に持ってこれなければ、始まりませんものね。


ざっくり言って、今の状況を書き出すと
水平が出ていない、内傾している
高度は左右端が高く、中央が低い、すり鉢状になっている
コースは左が遠く、右が近い
飛行速度がコントロール出来ていない
操舵が粗い、オーバーコントロール
ロールレートが変わる
ロール前後の直線の長さが不均等
演技を失敗すると、集中が切れ取り返しが出来ない

すんません。あえて良い事は書きませんでした。が、良い演技もありましたよ。でも再現性が低いんですよー

なぜか??

それは基本的な機体の見え方が、自分の中で確立出来ていないからです。確立ってのは、記憶と言い換えてもいいですね。つまり行き当たりばったりなんです。現状は。なので、ぜひ、ぜひ基本訓練を徹底してやっていつでもどこでも、どんな風でも、パシッと一定面で水平飛行が出来るようにして下さい。それが出来れば、 演技も簡単に出来ちゃいますよ。間違いない!!

nice!(0)  コメント(6) 

トリム [F3A]

トリム取れてますか~

動画をみてると、おや?トリムが合ってないぞ?ってのをよく見かけます。気にならないのでしょうか?最近はニュートラルが甘い安っすぃサーボも多いので、気にしないのでしょうかね?
私は精神衛生上、宜しくないのでトリムをしっかり取ってから練習しますが、それでも以前書いたように、自然にトリムが変わるので、その変化に如何に早く気づき、修正するかも大事になってきます

この機体、よく飛ばないなぁ~
ダメ機体!!

っていう前に、よく飛ぶように調整しようとしているでしょうか? 調整したのでしょうか?
F3Aフルサイズ完成機だって、買ってそのままちゃんと飛ぶ機体は絶対に無いので、癖を見抜き、適切な調整を行う技術って大事ですね。ましてや格安の発泡機やらフィルム機なんぞ、その調整力を試されているようなものです。むしろ、ちゃんと飛ばすようにすることに楽しみの殆どがあったりします。大概の機体はそれで気持ちよく飛ぶようにはなるのですが、中にはどうしようもない駄作もあります。その時は清く敗北を認めましょう。同時に設計者に敬意を払いましょう。よくぞここまで酷い機体を作って長い時間楽しませてくれたなと(笑)こんな機体を恥ずかしげもなく売り出す神経に拍手。パチパチ

自分の作った機体が意のままに飛ぶのが最高!!
良い機体、良い調整、良い飛行技術
で気持ちよく飛ばして楽しみたいですねっ!!

nice!(0)  コメント(6)