So-net無料ブログ作成

未公開話2 [ラジコン]

なんで私がこんなにも模型飛行機にのめり込んだか、記憶は定かではありませんが、元となったのは「レゴ」と「百科辞典」だった気がします。
B203E8AA-B5FC-4C55-982D-611D40EE909D.jpeg
LEGOは誰しも知っているブロックを組み立てて造形するアレですが、創造力・想像力を励起するには物凄く役立った気がします。百科辞典てのは表現がイマイチですけど、要は小中学生向けの平易なもので、そこで車の構造とか、飛行の仕組みとかを見て興味を持ったものです。構造を調べて、それをレゴで組み立てて形にして、動作を確認する、みたいなことを延々とやっていました。あとはもうプラモデル三昧でした。そんな中で小学生の時Uコンを知って、母の同級生がやってる模型屋さんに一緒に行ったら、まだ小さいから無理なので中学になってからって言われてがっかりして帰ってきた覚えがあります。そこからは、ひたすら本を読み、バルサを削り、こずかいためて部品を買い・・・でした。
770442C2-F2AD-4D65-9873-720676CC90AB.jpeg
中学になって同級生がプラモマニアであることを知り、毎日そいつん家に行ってました。彼もUコンやるというので、機体を作って飛ばしに行きましたが、まあ、エンジンかからず。かかってもすぐ落としが続きました。それでも懲りずに初飛行に成功した時の嬉しさと言ったら、お互い抱き合って喜びましたからね(笑)。そのあとは高校受験やらなんやらで、しばらく遠ざかってしまいました。私は相変わらず部屋で勉強してるふりして図面引いたり、工作してましたが。高校に入ってからもクラブ活動は忙しくなりましたが、あい変わらず模型熱は裏でふつふつと続いており、勉強したふりして工作の日々でした。もちろんこずかいはパーツ、エンジンへと消えていきます。興味は完全にラジコンでしたが、無線機のような高価なものは買えるはずもなく、本を読み、飛ばしている妄想をするのみでした。バイトして金貯めてなんてのは田舎だし、そういう世相でもなかったし、そもそも内気なもので考えもしなかったですね。ラジ技は毎月買って隅から隅まで読んで、特にF3A日本選手権とか世界選手権の記事を見ては、憧れ、いつかこんなのを飛ばしてみたいなぁ~なんて夢見てました。でも大学入ってからは、先のカルトバロンをちょこっとやっただけで、友人との遊び、バイト、カート、スキー、クルマ、諸々楽しいことがいっぱいあったので、ラジコンのことは忘れてました。就職して結婚して子供ができて、更に遠ざかってしまってました。
それなのに、ああ、それなのに・・・(続く)


nice!(0)  コメント(0)