So-net無料ブログ作成
検索選択

ホップ☆ステップ [水上機]

6月の水上機遊びのために、お手軽飛行艇としてTidewaveを弄っ
おりますo(^▽^)o

A1D3FEF0-EFDE-4D5B-9A0F-0A137CD91449-381-0000002BB17893C7.jpeg
発泡スチロール製ですが、海外の機体にしては設計が凄くまとも!!
2点気になるところはあるけど、他は至極スタンダードで良く
できてます

気になる点

一つはモーターのスラスト
モーターの取付位置が高いところにあるので、推力が増すほど
に、機首下げの方向に力がかかります。それを打ち消すために
エレベーターアップトリムでバランスを取るのですが、そうし
ますと推力が減ったときにバランスが崩れて、機体を降ろそう
とスロットル絞るほどに逆に機首が上がってなかなか降りてこ
ない。場合によっては激しい機首上げで失速・墜落となってし
まうこともあります。

何故か海外の飛行艇モデルは推力線が主翼の取付角と並行なも
のが多いのです。この嫌な癖を取るにはモーターのスラストを
ガッツリ上に向けて、機首が下がらないようにします。機体
本来のバランスに対して、推力による姿勢の大きな変化を与え
ないようにすれば良いわけですね。ここはF3Aの機体とも共通
の動力機の調整です。

 (追記)日本でもこの手の設計の機体があります。昔雑誌の記事
で、前重心にしてエレベータートリムアップにしておいて、
スロットルオンではプロペラ後流で頭上げの姿勢を作り、オフ
では前重心で頭下げという理屈の機体がありましたが、これっ
てそもそも飛行機としておかしいんじゃないの?と納得できなか
ったことを思い出しました。

最近では某スチレン製キットのかわいい飛行艇ですが、これも
離水しませんでしたねポルコさん(笑)物理的におかしいですね。
この前、水上機の集いでこの機体を見かけたので「水面から離
水しますか」って聞いたら「いつも手投げなんでやったことあ
りません」て…ガクっ。で当日実際にやってみたら案の定プレ
ーニング入らない。いや、だって主翼の上にモーター付いてて
機首が沈む方向に力がかかるんだから、吹かせば吹かすほどに
機首が水に刺さって飛沫が上がり、それがペラにかかって推力
出ず。機首の浮力も足りないうえに角度も急だから余計抵抗に
なってる。てことで水煙を上げるだけで一向に速度が乗らずに
お終い。こういうものを商品として売る側に物凄い責任がある
と思うんですけどね。機体を見た瞬間に、これはどうかな?と
思ったんだけど、何となくかわいいし小さくてお手ごろだから
買っちゃうんでしょうね。ついでにこの機体はサイドスラスト
もついていないので水平飛行でもサイドスリップしながら飛び
ます。左旋回はくるっと回るのに右旋回がとんでもなく回らな
い。それがいいという人もいるかもしれませんが、私はねえ~
そもそもひねくれて飛んでる飛行機を飛ばしても気持ち悪いだ
けだし。ご遠慮申し上げます。余談でしたm(__)m


もう一つはステップの高さ
飛行艇の性能の全てともいうべき、ステップ位置、ステップ前
後の角度を測ったところ、いわゆる水上機の黄金律データでし
た。簡単に言うと水上機として最も性能の良いテトラと同じ。
ところが、ステップの「高さだけ」が異様に高い!!
なんでこんなことにしたのか全く不明ですが、せっかくの黄金
律がダイナシです!!
あほちゃうか???
この辺が海外の機体の面白さというか、なんというか(笑)
先日なっかーさんの機体のハンプ~プレーニングの姿勢をみて、
あれ?
と思い、機体を見せていただきましたが、そうなんです。
ステップが高すぎるからテール側の抑えが効いていないんです。
プレーニングからハンプに移る際に、ステップ後半の角度が付き
すぎてて、頭が上がり過ぎ、抵抗増えて頭下げ、ステップ前半が
水面について頭上げ~の繰り返しでピッチングが起きてしまって
ます。静水面では1回くらいのお辞儀で、もともと軽くて浮力の
ある機体ですからすぐプレーニングに入ってしまうのですが、
波が立っているとかなり暴れるでしょうね。おそらく離水不能で
は?海外の動画を見ていてもやはり同様のピッチングが見ら
れました。しかし、この機体を改造したって話を聞かないの
はなぜでしょう。こんなものなんだと思ってるのかな?

てことで、以上の2点を改良する作業にかかります。

先ずはステップ以降の船底嵩上げ
手間暇かけてもしょうがないので、ダイソーで5mmのボードを買
ってきて貼付けました。もう一枚貼ってもいいかな?とも思った
ですが、実際やってみて足りなかったら貼る。
これでいいでしょう(笑)貼るよりも剥がすのは大変ですから
8EC6015C-3516-4B0B-A41F-5D5B8F899C82-381-0000002EA61AFD12.jpeg
白無垢の機体ですので、本家Tidewaterに似せた塗装にしました
水性のアクリルスプレーとダイソーのテープ
IMG_8444.JPG
IMG_8443.JPG
IMG_8442.JPG
2段ステップにしました
IMG_8448.JPG

nice!(0)  コメント(7) 

nice! 0

コメント 7

ポルコ

なんか呼ばれたような?
もうあれは飛ばす気がしませんね。
飛ばしても面白くないし。
水上機で一番楽しい離着水が楽しめないのが
致命的です。自宅近所の湖で早朝ちょとだけ
飛ばそうと思っていましたが、危険そうなので
やめました^^;
by ポルコ (2017-05-29 16:23) 

mamu

うん、正解(^_^)v
やはり思い通りに操縦出来ない機体って、危ないですよね。それを平気で売る、メーカーの姿勢が嫌です( *`ω´)
by mamu (2017-05-29 18:01) 

なっかー

品物到着ですね。
しっかり読ませていただきました。
ちょっと解らないところありましたけど…。
とりあえずモーターは更に上に向けました。
足りなければ現地で調整。
ステップの調整は私もカラーボード貼っときます。
やっとかないとで差が出るのは何か悔しいし(笑
水面が穏やかなときは滑るように走るのに少し波があると急に走らなくなりました。
それがmamuさん理論の症状なのですね。

by なっかー (2017-05-31 11:02) 

mamu

なっかーさん、
多分、上の話が見えてるのはポルコさんだけかな(笑)
試しもしないうちから、改造箇所を出しちゃっていいのかな?とも思いましたが、やるもやらぬも自己責任ですから(^_^;)もうすべて解放〜(^_^;)

by mamu (2017-06-01 08:10) 

なっかー

記事の大まかなところは分かっているつもりです。
例の機体は多分ケーキ名みたいなメーカーさんですよね?
そうだと思って読んでいたらかなり当てはまりましたから。

難しかったのはステップのところです。

>ステップが高すぎるからテール側の抑えが効いていないんです。
プレーニングからハンプに移る際に、ステップ後半の角度が付き
すぎてて、頭が上がり過ぎ、抵抗増えて頭下げ、ステップ前半が
水面について頭上げ~の繰り返しでピッチングが起きてしまって
ます。

こちらが良くわかりませんでした(汗
by なっかー (2017-06-01 13:27) 

mamu

あ、ケーキ名みたいな…
正解です
by mamu (2017-06-01 17:33) 

mamu

なっかーさん、
分かりにくくてごめんなさいm(_ _)m

前進
フロート前部に波が当たる→
前部が持ち上がる→
フロート後部が押し下げられ水面に当たる→
フロート後部が跳ね上がる→
フロート前部を押し下げる

波に対して、ステップ前後が適度な角度だと姿勢を一定に保とうとします。
これに対し後ろの角度が浅いとフロート後部の跳ね上げが強くなり、フロート前部が突っ込んで、離水に必要な翼の迎角が取れず揚力不足で飛び上がらない。または波に突っ込んで沈。
後ろの角度が多いと後ろの支えが弱くなるので頭上げが激しく、抵抗が多くて速度が乗らない。機体の上下動が大きくなりピッチングする。
こんな感じです(^_^)v
by mamu (2017-06-01 17:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。