So-net無料ブログ作成
検索選択

VRのおかげで [Drone]

マルチでFPVやる様になると、目視で飛ばすのが如何に難しいかがよく分かる(^_^;)

一方、FPVで速度が上がってくると、今度はVRの壁にぶち当たる

VRの壁??

要は自分がマルチに乗っかっているという、気持ちの強い移入があって、過去の実体験が自分の体を守ろうとして、意識せずとも自然と防御の姿勢を取ってしまうのです

これだけだとナンノコッチャ?なので、もうちょっと具体的に言うと

例えば、マルチで低空を真っ直ぐ飛んでて速度も乗ってくる
先にターンすべきフラッグが見えてくる
ここでターン!
と思うのだが、いや、この速度では曲がりきれない!速度を抑えて!
と、あたかも自分が車を運転してコーナーを曲がることをシミュレーションして、その実体験を元にした、曲がれるギリギリ限界の速度に抑えてしまうのです
または、飛行機を飛ばしていてここでエレベーターをこれ以上引いたら機体がひっくり返っちゃう~って、体験からくる限界点みたいなの…

実際にはマルチの旋回速度はもっと高く、そして旋回半径ももっと小さいので楽に曲がれるはずが、自分でその限界を下げてしまってるんですね〜

コレは困った

でも、自分の感覚を慣らして、新たな領域に入れていかないといけないんですね

逆にマルチの速度に慣れてしまって、車の限界が狂ってしまったらヤバイよね〜

どうしよう

なんて考えてる今日この頃でした

あー!練習したい!!
IMG_8393.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。